1部リーグ 第6節 20200913日()トヨタ自動車 VS シオノギ製薬

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】後藤希友
敗戦投手【シオノギ】千葉咲実
打撃成績 【シオノギ】《二》數原顕子、亀井愛梨、古藤優実
【トヨタ】《本》渥美万奈
バッテリー
シオノギ●千葉咲実、奥野初音、吉井朝香-竹林綾香
トヨタ○後藤希友、三輪さくら、江渡祐希‐峰幸代

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節豊岡大会・第2日第2試合は、前日(9月12日/土)の日本精工 Brave Bearies戦で5-0の完封勝利。今シーズン初勝利を挙げ、1勝1敗のシオノギ製薬 ポポンギャルズと、開幕戦では「宿敵」ビックカメラ高崎 BEE QUEENに大勝したものの、続くSGホールディングス ギャラクシースターズ戦では初回に大量5点を先制しながら「まさか……」の大逆転負けを喫し、同じく1勝1敗となったトヨタ自動車 レッドテリアーズが対戦した。

 この試合も試合前のコイントスで攻・守(先攻・後攻)を決定(例年は2回総当たりのため、先攻・後攻を入れ替える形で2回対戦していた)。ポポンギャルズの先攻で試合が開始された。

 ポポンギャルズ・先発は「期待の大型左腕」千葉咲実。しかし……その立ち上がりを守備陣が足を引っ張ってしまう。先頭打者をセカンドゴロエラーで出塁させると、二死までこぎつけたものの、4番・古澤春菜のレフト前ヒットの打球の処理を誤り、後逸。打球が外野を転々とする間に、一塁走者が一気に生還。先取点を与えてしまう。

 一方、レッドテリアーズの先発・後藤希友に3回まで無得点に抑えられていたポポンギャルズは4回表、4番・數原顕子の三塁線を抜く二塁打からチャンスをつかみ、次打者のピッチャーゴロの間に走者を三塁まで進めると、6番・児嶋優のショートゴロで三塁走者が生還。1-1の同点に追いついた。
 ポポンギャルズは続く4回表にも、9番・亀井愛梨の二塁打、四球等で二死ながら一・三塁のチャンスをつかむと、3番・古藤優実がレフト前へタイムリーを放ち、2-1と勝ち越した。

(※1-1の同点で迎えた5回表、ポポンギャルズは古藤優実のタイムリーで勝ち越しに成功!)

 だが……逆転を許したことでレッドテリアーズ打線が目覚める。5回裏、打者10人を送る猛攻を見せ、5安打を集中し、大量5点を挙げ、逆転に成功した。

(※レッドテリアーズは5回裏、5安打を集中し、大量5点を挙げ、逆転!)

 レッドテリアーズは6回裏にも、二死走者なしから、押し出し、6番・山崎早紀のタイムリー、7番・渥美万奈のスリーランホームラン等で大量6点を追加。完全に勝負を決めてしまった。

 勝ったレッドテリアーズは2勝1敗。打線好調、開幕2戦目に5点差を大逆転される「誤算」はあったが、「絶対的エース」モニカ・アボットの不在を、このまま好調な打線でカバーしていくことができるか、注目が集まる。

 敗れたポポンギャルズは1勝2敗。「大型左腕」千葉咲実を「次代のエース」として育てるためには「我慢」や「辛抱」も必要であり、5回裏に同点に追いつかれたところで「続投」という選択肢もあったのではないだろうか。

1646
2020
9
13
09
13
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc