1部リーグ 第6節 20200913日()日本精工 VS SGホールディングス

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日本精工】藤嶋涼菜
敗戦投手【SGH】加藤あずさ
打撃成績 【SGH】《二》高橋まひろ
【日本精工】《本》野木あや《二》野木あや
バッテリー
SGHカーヤ・パーナビー、●加藤あずさ-山科真里奈
日本精工山田玲菜、山田蓮、有山智佳、○藤嶋涼菜-鬼澤麻純

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節豊岡大会は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、「リモートマッチ」(無観客試合)で開催され、第2日第1試合は、1部の「厚い壁」の前にまだ勝ち星がなく、早く「1部リーグ初勝利」がほしい日本精工 Brave Beariesと、開幕から2試合連続の逆転勝ち、特に前日(9月12日/土)のトヨタ自動車 レッドテリアーズ戦では「優勝争いの常連」の強豪を相手に初回の大量5失点をはね返し、「キャプテン」山科真里奈の満塁ホームラン等で6-5の大逆転勝利を収め、波に乗るSGホールディングス ギャラクシースターズが対戦した。
 
 今シーズンは前半戦66試合が中止となり、例年のシーズンの半分(各チーム2回総当たり22試合→後半戦のみの11試合に短縮された)ため、試合前に先攻・後攻をコイントスで決定(例年は2回総当たりのため、先攻・後攻を入れ替える形で2回対戦していた)。ギャラクシースターズの先攻で試合が開始された。
 
 ギャラクシースターズは「エース」カーヤ・パーナビーが先発。毎回のように走者を背負いながらも「決定打」を許さず、Brave Bearies打線を無得点に封じていく。
 
 一方、Brave Beariesも先発・山田玲菜、山田蓮の継投で対抗。両チーム得点のないまま、試合は終盤6回を迎えた。
 
 ギャラクシースターズは6回表、2番・田中瑠莉のレフト前ヒット、盗塁、4番・山科真里奈の故意四球、5番・高橋まひろの絶妙なセーフティーバントで一死満塁と攻め立て、6番・柳瀬友紀のサードゴロの間に三塁走者が生還。待望の先取点を挙げた。
 
 Brave Beariesはその裏、この回先頭の3番・野木あやが右中間に同点のソロホームラン。チームを支える「ベテラン」の一振りで試合を振り出しに戻した。
 
 1-1の同点のまま、試合は延長タイブレークに突入。延長8回はともに得点なく、迎えた9回表、ギャラクシースターズはタイブレークの走者を犠打で三塁へ進め、サードゴロエラー、盗塁で一死二・三塁とし、9番・桃原祐里が「執念」でセンター前に落とすタイムリー。二者が還り、「勝負あった」かと思われた。

(※ギャラクシースターズは延長9回表、桃原祐里の2点タイムリーで勝負を決めたかに見えたが……)
 
 2点を追うBrave Beariesはその裏、四球、バント安打で無死満塁と攻め立て、途中出場の8番・市谷愛美のショートゴロの間に三塁走者が生還。1点差に迫り、なお一死二・三塁のチャンスが続き、9番・穐山奈央のピッチャーゴロがエラーを誘い、この間に三塁走者が還り、3-3の同点に追いついた。
 
 延長10回表、ギャラクシースターズは延長8回から登板していたBrave Beariesの「エース」藤嶋涼菜から得点を奪えず、その裏、Brave Beariesは、この回から代わった加藤あずさから3番・野木あやがレフト頭上を越すエンタイトルツーベースを放ち、サヨナラ! 延長10回に及ぶ「死闘」にピリオドを打ち、2017年以来となる1部リーグでの勝利を挙げた。

(延長10回裏、Brave Beariesは「ベテラン」野木あやの殊勲打で劇的なサヨナラ勝ち!)
 
 敗れたギャラクシースターズは2勝1敗。「開幕3連勝」を狙い、何度も「勝利」を手中にしたかに見えたが……Brave Beariesの驚異的な「粘り」に屈し、惜しい星を落としてしまった。

1645
2020
9
13
09
13
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc