1部リーグ 第6節 20200913日()デンソー VS 豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
敗戦投手【デンソー】カーリー・フーバー
打撃成績 【豊田織機】《二》椛山奈々
【デンソー】《本》櫻岡春香《二》釼持祐衣
バッテリー
豊田織機○ダラス・エスコベドーチェルシー・グッドエーカー
デンソー●カーリー・フーバー-吉松梨乃

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節安城大会・第2日第2試合は、開幕戦では「新キャプテン」川畑瞳の2本塁打等でシオノギ製薬 ポポンギャルズに8-2で快勝、前日(9月12日/土)の日立 サンディーバ戦では吉松梨乃の劇的なサヨナラホームランで2-1の勝利を収め、「ホーム」で開幕3連勝を狙うデンソー ブライトペガサスと、開幕戦は敗れたものの、続く戸田中央総合病院 メディックス戦は「エース」ダラス・エスコベドの力投と竹中真海の本塁打一発で1-0の完封勝利を収め、今シーズン初勝利を挙げ、1勝1敗の豊田自動織機 シャイニングベガが対戦した。
 
 この試合も試合前のコイントスで攻・守(先攻・後攻)を決定(例年は2回総当たりのため、先攻・後攻を入れ替える形で2回対戦していた)。シャイニングベガの先攻で試合がはじまり、ブライトペガサスはカーリー・フーバー、シャイニングベガはダラス・エスコベド、両チームとも「エース」が先発。「投手戦」が予想された。
 
 しかし……2回表、早くも試合が動き、シャイニングベガはこの回先頭の5番・金江爽友が安打で出塁すると、ブライトペガサスの「エース」カーリー・フーバーが後続3打者に連続してワイルドピッチと大荒れ。シャイニングベガが労せずして先取点を挙げた。
 
 続く3回表には、1番・江口未来子が安打で出塁すると、2つのセカンドゴロで二死ながら三塁まで走者を進め、4番・中川彩音がセンター前にタイムリー。効率の良い攻めで2点目を挙げた。
 
 2点を追うブライトペガサスは3回裏、一死から9番・櫻岡春香がライトスタンドへ追撃のソロホームラン。1点差に詰め寄ると、5回裏にも、一死から1番・釼持祐衣、2番・吉田彩夏の長短打で1点を返し、2-2の同点に追いついた。

(※ブライトペガサスは5回裏、釼持祐衣、吉田彩夏の長短打で2-2の同点に追いつく)
 
 2-2の同点で迎えた6回表、シャイニングベガは安打、送りバント失敗(一塁走者が二塁封殺)で一死一塁となった後、再出場した8番・椛山奈々のライト前ヒットで一塁走者が一気に三塁まで進塁。一・三塁とチャンスを広げ、一塁走者がすかさず盗塁。二・三塁とし、9番・大平あいのレフトへの犠牲フライで三塁走者が還り、1点を勝ち越し。

(※2-2の同点で迎えた6回表、シャイニングベガは一死二・三塁から大平あいの左犠飛で3-2と勝ち越し)
 
 シャイニングベガは7回表にも、二死走者なしから四球の走者を出し、ワイルドピッチで二塁へ進塁すると、6番・竹中真海がセンター前へタイムリー。二塁走者が一気に還り、4-2と2点差にリードを広げた。
 
 「ホーム」で開幕3連勝を狙ったブライトペガサスは「エース」カーリー・フーバーの制球の乱れにつけ込まれ、効率良く得点に結びつけるシャイニングベガの攻撃を止められず4失点。打線もシャイニングベガの「エース」ダラス・エスコベドを攻め切れず、2-4の惜敗。通算成績2勝1敗となった。
 
 勝ったシャイニングベガも2勝1敗。開幕戦で敗れた後の今節、しっかりとチームを立て直してみせたのは、さすが「上位進出の常連」といったところか。

1644
2020
9
13
09
13
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc