1部リーグ 第6節 20200913日()日立 VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
敗戦投手【日立】坂本実桜
打撃成績 【戸田中央】《本》坂本結愛《三》長井美侑
【日立】《本》アビー・チーク
バッテリー
戸田中央○ジョーダン・テーラー-坂本結愛
日立●坂本実桜、小薗美希-清原奈侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節安城大会は、新型コロナウイルスの影響で「リモートマッチ」(無観客試合)での開催となり、第2日第1試合は、ここまで「エース」ジョーダン・テーラーが好投しながら打線の援護なく、まだ勝ち星のない戸田中央総合病院 メディックスと、開幕戦では「新鮮力」アビー・チークの劇的なサヨナラホームランで勝利を収め、前日(9月12日/土)のデンソー ブライトペガサス戦ではサヨナラホームランを浴び、1-2で惜敗。ドラマチックな試合続きで1勝1敗となった日立 サンディーバが対戦した。
 
 今シーズンは前半戦が中止となってしまい、例年のシーズンの半分(各チーム2回総当たり22試合→後半戦のみの11試合に短縮された)ため、試合前に先攻・後攻をコイントスで決定(例年は2回総当たりのため、先攻・後攻を入れ替える形で2回対戦していた)され、メディックスの先攻で試合が開始された。
 
 サンディーバ・坂本実桜、メディックス・ジョーダン・テーラーの先発ではじまったこの試合は、2回表にメディックスが先制。メディックスはこの回、6番・高原侑里のセンター前ヒット、7番・松本由佳の四球で無死一・二塁の先制機を作り、次打者のセカンドゴロの間にそれぞれ進塁。一死二・三塁とチャンスを広げ、9番・上原依万里のライトへの犠牲フライで三塁走者を迎え入れ、先取点を挙げた。
 
 1点を先制されたサンディーバはその裏、この回先頭の5番・アビー・チークがレフトスタンドへ運ぶ同点のソロホームランを放ち、1-1の同点に追いついた。

(※1点を追うサンディーバは2回裏、「新戦力」アビー・チークの同点本塁打で試合を振り出しに戻した)
 
 同点に追いつかれたメディックスはその直後の3回表、簡単に二死となった後、この試合「4番」に起用された坂本結愛が左中間へ勝ち越しのソロホームラン。再び1点のリードを奪った。

(※メディックスは1-1同点で迎えた3回表、坂本結愛が勝ち越しの本塁打を放つ)
 
 メディックスは6回表にも、7番・松本由佳が四球を選び、出塁すると、8番・長井美侑、9番・上原依万里の長短打で2点を追加。またしても「二死走者なし」から打線がつながり、しぶとく得点に結びつけ、4-1と3点差にリードを広げた。

 守っては、「エース」ジョーダン・テーラーが2回裏に本塁打を浴び、1点を失ったものの、その後はサンディーバ打線に追加点を許さず、完投勝利。好投報われぬ試合が続いていたが、開幕3試合目にして嬉しい今シーズン初勝利を手にした。
 
 敗れたサンディーバは今節手痛い連敗。通算成績1勝2敗と黒星先行となってしまった。

1643
2020
9
13
09
13
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc