1部リーグ 第6節 20200913日()太陽誘電 VS ビックカメラ高崎

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【BIC】上野由岐子
敗戦投手【太陽誘電】藤田倭
打撃成績 【BIC】《二》我妻悠香、内藤実穂、森さやか
【太陽誘電】《本》原田のどか、川村莉沙
バッテリー
BIC○上野由岐子-我妻悠香
太陽誘電●藤田倭-佐藤みなみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節高崎大会・第2日第2試合は、開幕戦で「決勝トーナメント進出の常連」豊田自動織機 シャイニングベガに3-1と快勝。前日(9月12日/土)の伊予銀行 VERTZ戦では序盤4点のリードを奪われながら、藤田倭、佐藤みなみ、原田のどかの「ホームラン攻勢」で6-4の逆転勝利を収め、「ホーム」で開幕3連勝を狙う太陽誘電 ソルフィーユと、開幕戦は落としたものの、続くHonda Reverta戦で濱村ゆかりが「自身初」のノーヒット・ノーランを達成。「地元・高崎」で嬉しい今シーズン初勝利を挙げ、「上昇機運」のビックカメラ高崎 BEE QUEENが対戦した。
 
 この試合も試合前にコイントスを行い、攻・守(先攻・後攻)を決定。BEE QUEENの先攻で試合が開始された。
 
 先攻のBEEQ UEENは初回、ソルフィーユ・先発の藤田倭の立ち上がりを攻め、1番・森さやかがレフト前に落とすポテンヒット。2番・藤本麗が手堅く犠打で送り、3番・市口侑果の四球、4番・内藤実穂の一・二塁間を抜く安打で一死満塁とすると、二死後、6番・山本優が押し出しの四球を選び、あっけなく先取点。さらに7番・我妻悠香がレフト頭上を抜くエンタイトルツーベースを放ち、初回に3点を先制した。

 いきなり3点を先制されたソルフィーユはその裏、「世界のエース」上野由岐子を果敢に攻め、簡単に二死を取られた後、3番・藤田倭がフルカウントから四球を選び、続く4番・原田のどかがライトスタンドへツーランホームラン。2戦連発となる「一発」を叩き込み、1点差に迫った。

 1点差に詰め寄ったソルフィーユは3回裏、一死から1番・川村莉沙が3-3の同点に追いつくソロホームラン。今シーズンから「1番」に起用されている「期待の若手」が試合を振り出しに戻す「一発」を放った。

(※ソルフィーユは3回裏、川村莉沙が試合を振り出しに戻す同点のソロホームラン!)

 その後はソルフィーユ・藤田倭、BEE QUEEN・上野由岐子、日本を代表する好投手同士が一歩も譲らぬ投げ合いを展開。走者は出すものの、決定打を許さず、3-3の同点のまま、試合は最終回を迎えた。

 BEE QUEENは7回表、この回先頭の1番・森さやかがレフト線を痛烈に破る二塁打を放ち、チャンスメイク。「ベテラン」の気合の一打が突破口を開き、すかさず代走に「ルーキー」片岡美結を起用。犠打で三塁へ進んだ後、3番・市口侑果のピッチャーゴロを一塁に送球する間に、三塁走者・片岡美結が思い切り良く本塁突入。タッチを巧みにかいくぐり、間一髪セーフ! 勝ち越しの1点を挙げた。

(※BEE QUEENは7回表、代走に起用された片岡美結の「好判断」「好走塁」で勝ち越しの1点を挙げた)

 1点のリードをもらった「世界のエース」上野由岐子はその裏、ソルフィーユの最後の攻撃を三者凡退に斬って取り、1点差で逃げ切り。4-3で勝利を収め、「地元・高崎」で連勝。通算成績を2勝1敗とし、早くも「全勝」が消える「混戦」の中で、「連覇」へ向け、確かな一歩を踏み出した。

 一方、ソルフィーユは今シーズン初黒星。「ホーム」での連勝はならず、こちらも2勝1敗。それでも初回いきなり3失点しながら一度は同点に追いつく粘りを見せた。「開幕3連勝」こそならなかったが、「上位争い」「優勝争い」に絡んでいく「チーム力」があることをしっかりと証明してみせた。第7節以降の戦いにも期待したいところだ。

1642
2020
9
13
09
13
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc