1部リーグ 第6節 20200913日()伊予銀行 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】常盤紫文
敗戦投手【伊予銀行】庄司奈々
打撃成績 【ホンダ】《本》塚本蛍、杉本梨緒、巽麗菜《二》長谷川優理、佐野由貴美
【伊予銀行】 
バッテリー
ホンダ○常盤紫文-大塚友紀
伊予銀行●庄司奈々、山口清楓、黒木美紀、庄司奈々-安川裕美、若林舞

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節高崎大会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、「リモートマッチ」(無観客試合)で行われ、第2日第1試合は、開幕戦で日本精工 Brave Beariesに5-3と快勝。前日(9月12日/土)の太陽誘電 ソルフィーユ戦も序盤4点のリードを奪いながら逆転負けを喫し、1勝1敗となった伊予銀行 VERTZと、昨シーズン「準優勝」の過去チーム最上位の成績を残し、「今年こそ初優勝!」と意気込みながら、コロナ禍の影響でジェイリン・フォード、アリー・カーダの「左右の二枚看板」が来日できず、ここまでまだ勝ち星のないHonda Revertaが対戦した。
 
 今シーズンは前半戦66試合が中止となってしまい、例年のシーズンの半分(各チーム2回総当たり22試合→後半戦のみの11試合に短縮された)ため、試合前に先攻・後攻をコイントスで決定(例年は2回総当たりのため、先攻・後攻を入れ替える形で2回対戦していた)され、Revertaの先攻で試合が開始された。
 
 先攻のRevertaは初回、VERTZ・先発の庄司奈々の立ち上がりをとらえ、1番・長谷川優理が左中間を破る二塁打。続く2番・塚本蛍がセンターバックスクリーンに運ぶツーランホームランを放ち、鮮やかな先制攻撃で2点を先制した。

(※先攻のRevertaは初回、塚本蛍のツーランホームランで2点を先制!)
 
 Revertaは2回以降も攻撃の手を緩めず、2回表には1回途中から登板していた2番手・山口清楓に「集中砲火」を浴びせ、「ルーキー」杉本梨緒の日本リーグ「初ホームラン」を含む5本の長短打で大量6点を追加。3回表にも8番・巽麗菜のソロホームランでさらに1点を加え、3回までに9得点。開幕から2試合勝ち星のなかった「鬱憤」を晴らすかのように打ちまくり、序盤で試合を決めてしまった。

 投げては、先発・常盤紫文が最後までVERTZ打線を1本の安打も許さず、ノーヒット・ノーランを達成! 同一球場で2日連続「大記録」が成し遂げられ、Revertaが9-0で完勝。開幕3試合目で投打の歯車がガッチリ噛み合い、嬉しい今シーズン初勝利。投打に「強いReverta」が戻ってきた。

(※VERTZも最終回、必死の反撃を試みるが……Reverta・常盤紫文の前に安打を放てず、ノーヒット・ノーランを阻止できなかった)
 
 敗れたVERTZは開幕戦の勝利の後、今節連敗。投手陣がRevertaの強力打線につかまり、打線は「屈辱」のノーヒット・ノーランといいところがなかった。第7節で「仕切り直し」といったところか。

1641
2020
9
13
09
13
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc