1部リーグ 第6節 20200912日()シオノギ製薬 VS 日本精工

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【シオノギ】吉井朝香
敗戦投手【日本精工】藤嶋涼菜
打撃成績 【日本精工】《二》鬼澤麻純
【シオノギ】《本》神藤美樹《二》久保田莉依、戸村美紅
バッテリー
日本精工●藤嶋涼菜、有山智佳、山田蓮-鬼澤麻純
シオノギ千葉咲実、奥野初音、○吉井朝香-竹林綾香、宇野有加里

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節豊岡大会・第1日第2試合は、昨シーズン「主砲」數原顕子が「1試合4本塁打」「1試合9打点」の日本リーグ新記録を樹立した「験のいい地」で今シーズン「初勝利」を狙うシオノギ製薬 ポポンギャルズと、開幕初戦で伊予銀行 VERTZに3-5で敗れはしたものの、最終回に見せた「猛追」の勢いをこの試合にも持ち込み、2017年以来、3年ぶりの1部リーグで勝ち星を挙げるべく燃える日本精工 Brave Beariesが対戦した。
 
 この試合も試合前のコイントスで先攻・後攻を決定。Brave Beariesの先攻で試合がはじまった。
 
 ポポンギャルズの先発は「期待の大型左腕」千葉咲実。Brave Beariesの初回の攻撃を三者三振に斬って取り、「良い流れ」「良いリズム」を作り出し、その裏の攻撃につなげた。

 千葉咲実の力投で作った「流れ」「リズム」に乗りたいポポンギャルズはその裏、Brave Beariesの「エース」藤嶋涼菜の立ち上がりをとらえ、相手守備の乱れと四球から先制のチャンスをつかみ、5番・神藤美樹、6番・児嶋優の連続タイムリーで2点を先制した。

(※後攻のポポンギャルズは初回、神藤美樹、児嶋優の連続タイムリーで2点を先制!)

 ポポンギャルズは2回裏にも1番・谷本奈々のタイムリーで1点を追加。4回裏に3番・古藤優実のタイムリーで1点、5回裏には5番・神藤美樹のソロホームランで1点と小刻みに加点。ジワジワとリードを広げ、Brave Beariesを突き放した。

 守っては、先発・千葉咲実が3イニングを被安打1・奪三振5・無失点の力投。2番手・奥野初音も走者を背負い危ない場面もあったものの、2イニングを無失点でつなぎ、最後は吉井朝香が2イニングをノーヒットに封じ、3投手をつなぐ継投でBrave Bearies打線を完封。投打の歯車がガッチリ噛み合う「理想的」な試合展開で5-0と完勝。嬉しい今シーズン初勝利を挙げた。
 
 敗れたBrave Beariesは開幕戦に続き、「連敗」。頼みの「エース」藤嶋涼菜が初回にいきなり失点してしまい、打線も2つの併殺でチャンスを潰す等、投打に試合のリズムをつかめぬまま、0-5の完封負けを喫した。

1640
2020
9
12
09
12
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc