1部リーグ 第6節 20200912日()SGホールディングス VS トヨタ自動車

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【SGH】加藤あずさ
敗戦投手【トヨタ】田内愛絵里
打撃成績 【トヨタ】《本》山崎早紀《二》長﨑望未
【SGH】《本》山科真里奈
バッテリー
トヨタ後藤希友、三輪さくら、●田内愛絵里、ヴェロニカ・ペツコヴァ-峰幸代
SGH丹羽萌、○加藤あずさ、カーヤ・パーナビー-山科真里奈

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節豊岡大会は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、「リモートマッチ」(無観客試合)で開催され、第1日第1試合は、開幕初戦で「宿敵」ビックカメラ高崎 BEE QUEEに10-1と大勝。勢いに乗って「連勝」を狙うトヨタ自動車 レッドテリアーズと、後半開幕節では戸田中央総合病院 メディックスに先制されながら最終回に追いつき、延長の末、「主砲」山科真里奈の決勝打で2-1の逆転勝利を収めたSGホールディングス ギャラクシースターズが対戦した。
 
 今シーズンは前半戦66試合が中止となり、例年のシーズンの半分(各チーム2回総当たり22試合→後半戦のみの11試合に短縮された)ため、試合前に先攻・後攻をコイントスで決定(例年は2回総当たりのため、先攻・後攻を入れ替える形で2回対戦していた)。レッドテリアーズの先攻で試合が開始された。
 
 先攻のレッドテリアーズは初回、ギャラクシースターズの「期待のルーキー」、日本リーグ初先発・丹羽萌の立ち上がりを攻め、1番・石川恭子がレフト前ヒットで出塁し、次打者の犠打がフィルダースチョイスとなり、無死一・二塁。3番・堤加菜子のセカンドゴロの間に走者が進塁し、一死二・三塁とチャンスを広げ、4番・古澤春菜が四球で歩き、満塁。ここで5番・長﨑望未がライトオーバーのエンタイトルツーベースを放ち、まず2点を先制し、続く6番・山崎早紀にもレフトスタンドへ運ぶスリーランホームランが飛び出し、初回にいきなり大量5点を先制した。

(※先攻のレッドテリアーズは初回、一死満塁から長﨑望未のエンタイトルツーベース、山崎早紀のスリーラン等で一挙5点を先取!)

 初回にいきなり5点を失い、「勝負あった」の感もあったが、ギャラクシースターズは諦めず3回裏に反撃。レッドテリアーズの先発・後藤希友をとらえ、8番・高橋まひろの三遊間安打、9番・山本星の四球、犠打で一死二・三塁の反撃機をつかみ、2番・田中瑠莉のセカンド内野安打、3番・ステーシー・ポーターのライトへの犠牲フライで2点を返した。

 3点差で迎えた5回裏には、この回から代わった左腕・田内愛絵里を攻め、相手守備の乱れと2つの四球等で二死満塁とし、4番・山科真里奈が逆転の満塁ホームラン! 「主砲」の一発で試合をひっくり返し、ギャラクシースターズが6-5と逆転に成功した。

(※ギャラクシースターズは5回裏、「主砲」山科真里奈の「グランドスラム」で6-5と逆転!)

 一方、レッドテリアーズは初回に大量5点を先制したものの、2回表から登板した加藤あずさから追加点を奪えず、最後はギャラクシースターズの「エース」カーヤ・パーナビーに締められ、「まさか……」の大逆転負け。痛い星を落としてしまった。

 勝ったギャラクシースターズは開幕戦に続き、「連勝」。2試合とも先制されながら試合をひっくり返す「逆転劇」を演じて見せた。しかも、この試合は初回にいきなり5点を失うという「絶望的」な試合展開から大逆転! チーム「初」の「決勝トーナメント進出」へ向け、常に「優勝」を争う強豪を相手に奇跡的な大逆転で貴重な1勝を挙げた。

 敗れたレッドテリアーズは1勝1敗。開幕戦で「宿敵」ビックカメラ高崎 BEE QUEENを「予想外」の大差で破り、その「勢い」をそのまま持ち込み、初回に5点を奪ったときには「この試合も楽勝!」の雰囲気が漂っていたのだが……。「絶対的エース」モニカ・アボットの不在を「継投策」でカバーしようという、その「戦術」にも早くも「綻び」が見え隠れする「痛い敗戦」となってしまった。

1639
2020
9
12
09
12
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc