1部リーグ 第6節 20200912日()デンソー VS 日立

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【デンソー】カーリー・フーバー
敗戦投手【日立】近藤光
打撃成績 【日立】《二》那須千春
【デンソー】《本》吉松梨乃《二》吉松梨乃、釼持祐衣
バッテリー
日立●近藤光-清原奈侑
デンソー原奈々、メーガン・グッド、○カーリー・フーバー-吉松梨乃、小島あみ、吉松梨乃

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節安城大会・第1日第2試合は、開幕初戦のシオノギ製薬 ポポンギャルズ戦に、今シーズンから「キャプテン」に就任した川畑瞳の2打席連続本塁打、「新戦力」メーガン・グッドの本塁打等、効果的な「一発攻勢」で8-2と大勝したデンソー ブライトペガサスと、Honda Revertaとの息詰まる投手戦を制し、新加入のアビー・チークの劇的なサヨナラスリーランで3-0と快勝した日立 サンディーバが対戦した。
 
 この試合も先攻・後攻はコイントスで決定。サンディーバの先攻で試合がはじまり、ブライトペガサスの先発・原奈々の立ち上がりを急襲。1番・那須千春がいきなり右中間を破るに二塁打を放つと、走者を進められるまま、二死となってしまったものの、4番・清原奈侑がレフト前に先制のタイムリー! サンディーバが鮮やかな先制攻撃で先手を取った。

(※先攻のサンディーバは初回、「キャプテン」清原奈侑のタイムリーで先取点!)
 
 1点を追うブライトペガサスは3回裏、サンディーバ・先発の「左腕」近藤光を攻め、この回先頭の8番・吉松梨乃がセンターオーバーの二塁打。犠打で走者を三塁へ進め、1番・釼持祐衣のタイムリーで三塁走者を迎え入れ、1-1の同点に追いついた。
 
 ブライトペガサスは先発・原奈々が3イニングを初回の1失点でしのぎ、4回表からはDP・メーガン・グッドが投手の守備を兼務し、登板。3イニングを無失点でつなぎ、サンディーバ打線に追加点を許さず、味方打線の援護を待った。

 一方、サンディーバの先発・近藤光も「粘投」。5回裏の一死満塁のピンチをセカンドゴロホームゲッツーで切り抜ける等、1-1の同点のまま、両チーム一歩も譲らず試合は最終回を迎えた。

 サンディーバは7回表、四球の走者を出し、犠打で二死ながら得点圏に走者を進めたが、代打・炭谷遥香がこの回から登板したブライトペガサスの「エース」カーリー・フーバーの前に空振り三振に倒れ、無得点。勝ち越しのチャンスを逃してしまった。

 ブライトペガサスはその裏、この回先頭の8番・吉松梨乃がレフトスタンドへ劇的なサヨナラホームラン! 「ホーム」での息詰まる投手戦にピリオドを打ち、開幕戦に続き、「連勝」を飾った。

(※ブライトペガサスは最終回、吉松梨乃が劇的なサヨナラホームランを放つ!)

 勝ったブライトペガサスは開幕から快調に「連勝」。カーリー・フーバー、メーガン・グッドの「外国人2本柱」がおり、メーガン・グッドは開幕戦で本塁打を放つ等、打撃面でも戦力に厚みを加える「二刀流」。ここ数年、「あと一歩」のところまで迫りながら手が届かずにいた「決勝トーナメント進出」がグッと現実味を帯びてきた。

 敗れたサンディーバは1勝1敗。開幕戦では「新戦力」アビー・チークのサヨナラホームランで劇的な勝利を飾ったが、この試合では逆にサヨナラホームランを浴びて惜しい試合を落としてしまった。「緊急補強」したはずのケイラニ・リケッツがチームに合流できずにいる中、投手陣が好投しているだけに打線の奮起を期待したいところだ。

1638
2020
9
12
09
12
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc