1部リーグ 第6節 20200912日()戸田中央総合病院 VS 豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
敗戦投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
打撃成績 【豊田織機】《本》竹中真海
【戸田中央】 
バッテリー
豊田織機○ダラス・エスコベド-チェルシー・グッドエーカー
戸田中央●ジョーダン・テーラー-坂本結愛

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節安城大会は、新型コロナウイルスの影響で「リモートマッチ」(無観客試合)での開催となり、第1日第1試合は、後半開幕節では太陽誘電 ソルフィーユに1-3で敗れ、黒星発進。早く「今シーズン初白星」がほしい豊田自動織機 シャイニングベガと、同じく後半開幕節でSGホールディングス ギャラクシースターズを相手に先制しながら最終回に追いつかれ、延長タイブレークにもつれ込む熱戦の末に1-2で競り負けた戸田中央総合病院 メディックスが対戦した。

 今シーズンは前半戦が中止となってしまい、例年のシーズンの半分(各チーム2回総当たり22試合→後半戦のみの11試合に短縮された)のため、試合前に先攻・後攻をコイントスで決定(例年は2回総当たりのため、先攻・後攻を入れ替える形で2回対戦していた)され、シャイニングベガの先攻で試合が開始された。

 先攻のメディックスは初回、シャイニングベガの先発・ダラス・エスコベドの立ち上がりを攻め、1番・坂本結愛の四球、2番・ケリー・クレッチマンの内野安打で無死一・二塁と攻め立て、一死後、4番・松木瑛里もセンター前ヒットを放ち、満塁の絶好機を迎えたが、後続が空振り三振、サードファウルフライに倒れ、このチャンスを逃してしまった。

 メディックスは3回表にも、この回先頭の1番・坂本結愛が安打で出塁したが、次打者がピッチャーゴロ。1-6-3とわたるダブルプレーでチャンスを活かせず……。

 一方、メディックスの先発・ジョーダン・テーラーの前に4回までノーヒット、四球の走者を一人出したのみと完全に抑え込まれていたシャイニングベガは5回表、一死走者なしから6番・竹中真海がライトスタンドへ運ぶ先制のソロホームラン! チーム初安打が試合の均衡を破る「値千金」の一発となり、シャイニングベガが待望の先取点を挙げた。

(※シャイニングベガは5回表、竹中真海が「値千金」のソロホームラン!)

 1点を追うメディックスは6回裏、1番・坂本結愛がこの試合2本目となる安打を放ち、出塁。2番・ケリー・クレッチマンも四球を選び、無死一・二塁と反撃のチャンスをつかんだが、次打者の送りバントがシャイニングベガの見事なバント処理に阻まれ、5-6-4とわたるダブルプレー。二死二塁の「一打同点」のチャンスは残ったものの、後続もセカンドフライに倒れ、無得点に終わった。

 メディックスは最終回、代打攻勢を仕掛け、必死の反撃を試みるものの、連続三振、レフトフライの三者凡退で試合終了。シャイニングベガの「エース」ダラス・エスコベドを最後まで崩せず、完封負けを喫した。

 メディックスの「エース」ジョーダン・テーラーも、投球内容的には完封勝利のダラス・エスコベドに負けない被安打2の力投を見せていたのだが……打線の援護なく、1点に泣き、好投報われず「連敗」を喫してしまった。

1637
2020
9
12
09
12
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc