1部リーグ 第6節 20200912日()太陽誘電 VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】藤田倭
敗戦投手【伊予銀行】庄司奈々
打撃成績 【伊予銀行】《本》樋口菜美《二》飯田瑞稀、正木朝貴
【太陽誘電】《本》藤田倭、佐藤みなみ、原田のどか
バッテリー
伊予銀行●庄司奈々、山口清楓-安川裕美、若林舞
太陽誘電藤田倭、尾﨑望良、○藤田倭-佐藤みなみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節高崎大会・第1日第2試合は、後半開幕節では「難敵」豊田自動織機 シャイニングベガを相手に「打っては先制本塁打」「投げては1失点の完投勝利」と「驚異の二刀流」藤田倭の大活躍で3-1と快勝。「ホーム」で連勝を狙う太陽誘電 ソルフィーユと、「4番」に大抜擢された「ルーキー」安川裕美の2本塁打を放つ活躍で、日本精工 Brave Beariesを5-3で下し、意気上がる伊予銀行 VERTZが対戦した。
 
 この試合も先攻・後攻はコイントスで決定。VERTZの先攻で試合が開始された。

 初回の守備についたソルフィーユは、試合開始と同時にDP・尾﨑望良が投手の守備を兼務。得意の「左右の二枚看板」「二人の二刀流」をフル回転させる戦術に出たが、「実質的な先発投手」となった尾﨑望良が、1番・樋口菜美に10球粘られた末のフルカウントからレフトスタンドに弾丸ライナーで突き刺す先制のソロホームランを浴びるという「想定外」のスタートとなってしまった。

 これで勢いづいたVERTZは3回表にも、フィールディングに難のある尾﨑望良をセーフティーバント、スラップで揺さぶりをかけ、これがいずれもピッチャーのエラーを誘い、無死一・二塁。手堅く犠打で走者を進め、一死二・三塁とチャンスを広げ、2番・松成あゆみが自打球を顔面に当て負傷退場し、急遽、打席に入った照喜名真李がセンター前に落とすポテンヒットで1点を追加。2点目が入ったところで、ソルフィーユベンチが動き、DP・尾﨑望良の兼務を解除し、OPO(打撃専門選手)となっていた藤田倭がピッチャーとして登板。最少失点で踏み止まりたいところだったが……その藤田が続く3番・飯田瑞稀が右中間をライナーで切り裂くタイムリーツーベースを浴びてしまい、二者が還り、この回計3失点。4点差にリードを広げられてしまった。

(※VERTZは3回表、照喜名真李、飯田瑞稀の長短打等で3点を加え、4-0とリードした)

 初回、2回裏とVERTZ・先発の庄司奈々に無得点に抑えられていたソルフィーユは3回裏、一死から2番・中溝優生が四球で歩き、3番・藤田倭が右中間スタンドに運ぶツーランホームラン。「驚異の二刀流」の一発で反撃の狼煙を上げると、二死後、5番・尾﨑望良がライト前ヒット。ここで6番・佐藤みなみがセンター頭上を越える同点のツーランホームランを放ち、同点。2本のツーランホームランで4点差を一気に跳ね返した。

 これで息を吹き返したソルフィーユは5回裏、一死から4番・原田のどかがレフトスタンドへ「完璧」な当たりの勝ち越しのソロホームラン! ついに試合をひっくり返した。

(※ソルフィーユは5回裏、原田のどかのソロホームランで勝ち越し!)
 
 ソルフィーユは続く6回表にも代打・青木千春のタイムリーでダメ押しの1点を加え、そのまま6-4で逆転勝利を収めた。
 
 勝ったソルフィーユは開幕戦に続き、「ホーム」で連勝。4点のビハインドをはね返し、効果的な「一発攻勢」で逆転勝利を収めた。
 
 敗れたVERTZは1勝1敗。上位争いの「常連」ソルフィーユを相手に一時は4点のリードを奪ったが、投手陣が3本塁打を浴び、リードを守り切れず……。打線も6回表の無死二塁のチャンスを「離塁アウト」で潰し、最終回にも一死二・三塁の「一打同点」のチャンスを作ったが、「あと一本」が出ず、開幕連勝を逃してしまった。

1636
2020
9
12
09
12
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc