1部リーグ 後半開幕節 20200906日()伊予銀行 VS 日本精工

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【伊予銀行】庄司奈々
敗戦投手【日本精工】藤嶋涼菜
打撃成績 【日本精工】 
【伊予銀行】《本》安川裕美②《三》吉田愛純
バッテリー
日本精工●藤嶋涼菜、山田蓮-鬼澤麻純
伊予銀行○庄司奈々-安川裕美

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部・後半開幕節第2日第3試合は、昨シーズン5勝17敗の11位に終わり、2部リーグ2位の大垣 ミナモとの「入替戦」に回り、1勝1敗で迎えた最終戦、最終回ツーアウトからの奇跡的な逆転で1部の座を死守した伊予銀行 VERTZと、2部リーグを12戦全勝の「無敗」で駆け抜け、3年ぶりの「1部リーグ復帰」を果たした日本精工 Brave Beariesが対戦した。

 試合はVERTZ・庄司奈々、Brave Bearies・藤嶋涼菜、両チームとも「エース」を先発に立て、「必勝」を期し、試合がはじまった。

 先攻のBrave Beariesは初回、1番・中村白がセンター前にクリーンヒット。一死後、3番・野木あやが一・二塁間を抜く安打を放ち、一塁走者が一気に三塁まで進塁。一塁走者がすかさず盗塁し、二・三塁とチャンスを広げたが、4番・山本悠未へのツーボール・ワンストライクからの4球目に仕掛けたヒットエンドランが空振りに終わり、飛び出した三塁走者がタッチアウト。なお二死三塁のチャンスが残りはしたが、山本悠未は結局サードゴロに倒れ、無得点。絶好の先制機を逃してしまった。

 ピンチを脱したVERTZはその裏、1番・正木朝貴が三遊間を痛烈に破る安打で出塁。手堅く犠打で走者を二塁へ進め、二死後、「4番」に大抜擢された「ルーキー」安川裕美が左中間スタンドへ運ぶ先制のツーランホームラン! スタメン「4番」に起用した秋元理紗監督の「期待」に応え、日本リーグデビューの「ルーキー」が初打席で「大仕事」をやってのけた。

(※VERTZは初回、「ルーキー」安川裕美の日本リーグ「初打席・初本塁打」で先制!)

 2点を先制されたBrave Beariesは3回表、9番・西岡彩乃がスラップで巧みに合わせ、レフト線に落とす安打で出塁。一死後、2番・沢柚紀のセンター前ヒットで一・二塁とし、3番・野木あやがしぶとく二遊間を破るタイムリー。二塁走者が還り、1点差に詰め寄った。

 Brave Beariesは続く4回表、6回表にも先頭打者が安打を放ち、ノーアウトのランナーを出塁させながら、いずれも併殺でチャンスを潰し、1点が遠い……。

 逆にVERTZは終盤6回裏、「4番」安川裕美がライトへ高々と打ち上げると、この打球がそのままフェンスを越える滞空時間の長いソロホームランとなり、貴重な追加点。さらに力投の藤嶋涼菜に3安打を浴びせ、二死満塁と攻め立てると、たまらずBrave Beariesベンチが動き、リリーフに山田蓮を送ったが……意気上がるVERTZ打線に気圧されたか、守備のミス(サードゴロエラー)、押し出しと自滅。さらに2点を追加され、勝負は決してしまった。

 それでも……Brave Beariesは最後まで諦めず、最終回に猛反撃。5番・鬼澤麻純、6番・黒木美佳、7番・松田愛実の3連打、8番・重石華子の犠牲フライで2点を返し、なお二死二塁と好機が続いたところで激しい雨に見舞われ、試合が中断。1時間10分に及ぶ中断で反撃の気勢が削がれてしまったか、「最後の打者」がショートフライに倒れ、試合終了。5-3でVERTZが勝利を収めた。

(※Brave Beariesは最後まで諦めず、最終回に猛反撃。2点差に迫ったが……)

1634
2020
9
6
09
06
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc