1部リーグ 後半開幕節 20200906日()戸田中央総合病院 VS SGホールディングス

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【SGH】カーヤ・パーナビー
敗戦投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
打撃成績 【SGH】《二》高橋まひろ、山科真里奈
【戸田中央】 
バッテリー
SGH○カーヤ・パーナビー-山科真里奈
戸田中央●ジョーダン・テーラー-坂本結愛

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部・後半開幕節第2日第1試合は、昨シーズン10勝12敗で8位のSGホールディングス ギャラクシースターズと、12勝10敗で7位に終わった戸田中央総合病院 メディックスが対戦。毎年のように決勝トーナメント進出争いを繰り広げながら、「あと一歩」のところで涙を呑んでいる両チームが「今年こそ!」の意気込みで対戦した。
 
 今シーズンは前半戦全試合が中止となってしまい、例年のシーズンの半分(各チーム2回総当たり22試合→後半戦のみの1回総当たり11試合に短縮された)ため、試合前に先攻・後攻をコイントスで決定する試合方式に変更(例年は2回総当たりのため、先攻・後攻を入れ替える形で2回対戦することができていた)され、ギャラクシースターズの先攻で試合が開始された。
 
 ギャラクシースターズはカーヤ・パーナビー、メディックスはジョーダン・テーラー、両チームとも「エース」を先発に立て、はじまった試合は序盤3回まで走者は出すものの得点に結びつけられないまま、ゼロ行進で進み、試合は4回に動いた。

 メディックスは4回裏、この回先頭の5番・水戸久瑠実がライト前にクリーンヒット。次打者の犠打で一塁走者が二塁へ進み、7番・高原侑里が二遊間を抜くタイムリー。二塁走者が還り、待望の先取点を挙げた。

(※メディックスは4回裏、一死二塁から7番・高原侑里が先制のタイムリー!)

 ギャラクシースターズもその直後の5回表、一死から「期待のルーキー」8番・山本星が四球を選び、出塁。9番・田中瑠莉がチーム初安打をなるセカンド内野安打で続き、一死一・二塁とチャンスを広げた。二死後、2番・中村光里の死球で満塁と攻め立て、打席には3番・ステーシー・ポーターという願ってもない場面を迎えたが……痛烈な当たりのショートゴロに倒れ、無得点。惜しいチャンスを逃してしまった。

 メディックスが1点をリードしたまま、迎えた最終回、ギャラクシースターズは、途中出場の7番・高橋まひろが左中間を破る二塁打。続く8番・山本星が送りバントを警戒する相手守備陣を嘲笑うかのように、「得意」のスラップでショート前に「絶妙」に転がす内野安打。無死一・三塁とチャンスを広げ、さらに一塁走者が盗塁で揺さぶりをかけ、三塁走者が「一瞬」の隙を突き、生還。見事なダブルスチールを決め、同点に追いついた。昨年、「GEM3」(U19)日本代表として「世界の舞台」で躍動した「若手コンビ」が試合の流れを変え、土壇場でギャラクシースターズが息を吹き返した。

 こうなると試合はギャラクシースターズのペース。延長タイブレークに持ち込んだ8回表、タイブレークの走者を進められないまま、二死となったものの、「主砲」山科真里奈がレフト線へ勝ち越しのタイムリーツーベース。この試合初めてリードを奪った。

(※延長8回表、ギャラクシースターズは「主砲」山科真里奈が勝ち越しのタイムリー!)

 その裏、メディックスも懸命の反撃を試みるが、粘り強いピッチングを続けるカーヤ・パーナビーの前に三者凡退に抑えられ、万事休す。相手を上回る6安打を放ち、最終回までリードを奪い、勝利を目前にしながらギャラクシースターズの終盤の粘りに屈し、逆転で痛い星を落としてしまった。

1632
2020
9
6
09
06
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc