1部リーグ 後半開幕節 20200905日()日立 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】坂本実桜
敗戦投手【ホンダ】常盤紫文
打撃成績 【ホンダ】《二》渡邉瑞貴
【日立】《本》アビー・チーク《二》アビー・チーク
バッテリー
ホンダ●常盤紫文-大塚友紀
日立○坂本実桜-清原奈侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部・後半開幕節第1日第3試合は、一昨年の10位から一気にジャンプアップ、15勝7敗で4年ぶりの決勝トーナメント進出を果たすと、「悲願」の初優勝こそ逃したものの、初の決勝進出を果たし、「準優勝」の過去最高の成績を残したHonda Revertaと、前半戦わずか2勝、「2部リーグ降格」の危機を囁かれながら、後半「打のレジェンド」山田恵里の日本リーグ通算200打点を達成する活躍などで巻き返し、9勝13敗の9位でシーズンを終えた日立 サンディーバが対戦した。

 この試合も試合前のコイントスでRevertaの先攻が決定。Revertaはサンディーバの先発・坂本実桜を攻め、2回表には二死一・三塁、4回表も無死一・二塁と走者は出すものの、強攻策が裏目となる内野ゴロゲッツー等で攻め切れず、無得点。

 一方、サンディーバも2回裏、Reverta・先発の常盤紫文から「新戦力」5番・アビー・チークが左中間二塁打を放ち、チャンスメイクしたものの、後が続かず……両チーム無得点のまま、試合は終盤を迎えた。

 Revertaは6回表、2つの四球と安打で無死満塁の絶好機を作りながら、4番・5番・6番の主軸打者が三者連続三振。試合を決めるチャンスを逃してしまった。

(※Revertaは6回表、無死満塁の絶好機に後続が三者連続三振……無得点に終わる)

 これで試合の流れが変わったか、サンディーバは最終回、一死から3番・山口みどりがライト前に落ちるポテンヒットで出塁し、すかさず盗塁。4番・清原奈侑が四球で歩いた後、5番・アビー・チークが劇的なサヨナラスリーランホームラン! 「新戦力」が期待通りの働きを見せ、息詰まる投手戦を制した。

(※サンディーバは最終回、「新戦力」アビー・チークが劇的なサヨナラスリーラン!)
 
 Revertaは「左右の二枚看板」ジェイリン・フォード、アリー・カーダが来日できず、サンディーバも「緊急補強」したはずのケイラニ・リケッツが戦列に加われないまま、「開幕」を迎えてしまった。先発した常盤紫文、坂本実桜の好投は「明るい材料」といえそうだが……ようやく「開幕」を迎えたとはいえ、まさに「異例ずくめ」のシーズン、何が起こるかわからない「波乱の展開」が待ち受けていそうな気配だ。

1631
2020
9
5
09
05
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc