1部リーグ 後半開幕節 20200905日()豊田自動織機 VS 太陽誘電

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】藤田倭
敗戦投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
打撃成績 【太陽誘電】《本》藤田倭、青木千春
【豊田織機】《本》金田汐央里
バッテリー
太陽誘電○藤田倭-佐藤みなみ
豊田織機●ダラス・エスコベド-チェルシー・グッドエーカー

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第53回日本女子ソフトボールリーグ」1部・後半開幕節第1日第2試合は、昨シーズン12勝10敗の6位、4年連続となる決勝トーナメント進出を逃してしまった太陽誘電 ソルフィーユと、昨シーズン後半「覚醒」した「エース」ダラス・エスコベドの6試合連続完封などの活躍もあり、15勝7敗で3年連続の決勝トーナメント進出は果たしたものの、その決勝トーナメントでは初戦で敗れ、4位に終わった豊田自動織機 シャイニングベガが対戦した。
 
 この試合も試合前のコイントスで先攻・後攻を決定。ソルフィーユの先攻で試合がはじまり、2回までソルフィーユ・先発の藤田倭、シャイニングベガ・先発のダラス・エスコベドがともに無失点の滑り出しを見せた。
 試合が動いたのは3回表、ソルフィーユは二死走者なしから3番・藤田倭が右中間スタンドへ「完璧」な当たりで突き刺す先制のソロホームラン! ソルフィーユが「驚異の二刀流」の名にふさわしい豪快な「一発」で先手を取った。

 しかし、シャイニングベガもその裏、すぐに反撃。この回先頭の7番・金田汐央里が簡単に2球でツーストライクに追い込まれた後の3球目、高めのボール球をそのまま振り抜き、左中間へ同点のソロホームラン! ソルフィーユ・藤田倭は、自らの「一発」で貴重な先制点を挙げながら、アッという間に追いつかれてしまった。

 試合は1-1の同点のまま、終盤を迎え、ソルフィーユは6回表、この回先頭の3番・藤田倭が四球を選び、出塁すると、すかさず代走・瀬戸口梨乃を送り、続く4番・原田のどかは送りバントの構えで相手守備陣を引きつけ、バスターで叩きつけると、これが三遊間深く転がる内野安打。5番・DPの尾﨑望良のところで、その守備力を買われ、「ルーキー」ながらFPとしてセカンドでスタメン出場していた須田真琴を打席に送り、死球で無死満塁。一死後、7番・山本晴香がレフトへキッチリと犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。ついに1点を勝ち越した。

(※ソルフィーユは6回表、一死満塁から「頼れるキャプテン」山本晴香の犠牲フライで三塁走者を迎え入れ、2-1と勝ち越し!)
 
 シャイニングベガもその裏、1番・江口未来子の三遊間安打、送りバント、3番・竹中真海の死球で一死一・二塁と攻め立て、この場面で「4番」定着が期待されている中川彩音がライト前ヒット。「同点か……」と思われたが、ライト・原田のどかの好返球で本塁を狙った俊足・江口未来子がタッチアウト。同点に追いつくチャンスを逃した。

(※シャイニングベガは6回裏、一死一・二塁から4番・中川彩音がライト前ヒットを放ったが……ソルフィーユの好守に阻まれ、無得点)

 堅守でピンチを脱したソルフィーユは7回表、代打・青木千春が右中間へ「ダメ押し」のソロホームラン。山路典子監督の采配がズバリと当たり、貴重な追加点を挙げ、粘るシャイニングベガを突き放した。
 
 2点のリードをもらった「投打の大黒柱」藤田倭は、必死の反撃を試みるシャイニングベガ打線を三者凡退に抑え、3-1で快勝! 「難敵」シャイニングベガに競り勝ち、貴重な開幕勝利を挙げた。

1630
2020
9
5
09
05
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc