1部リーグ 入替戦 20191108日()伊予銀行 VS 大垣 ミナモ

この試合の動画配信はありません
RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ミナモ】竹原由菜
敗戦投手【伊予銀行】庄司奈々
打撃成績 【ミナモ】《本》平川穂波
【伊予銀行】《二》飯田瑞稀
バッテリー
ミナモ○竹原由菜-平川穂波
伊予銀行●庄司奈々-二宮はな

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部・2部入替戦「第2戦」は、静岡県伊豆市・天城ふるさと広場野球場を会場に開催され、前日(11月7日/木)の第1戦の勝利で「1部リーグ残留」に王手をかけた伊予銀行 VERTZと、2点を先制されながら一度は同点に追いつき、延長タイブレーカーにもつれ込む熱戦の末、惜しくも2-3で第1戦を落とし、後がなくなった大垣 ミナモが対戦した。

 VERTZは「エース」庄司奈々が連投、ミナモは左腕・竹原由菜を先発に立て、始まった第2戦は、ミナモが押し気味に試合を進め、初回の二死一・二塁の先制のチャンスを逃し、3回表には1番・和島野々香が一・二塁間を破る安打を放ち、出塁したが盗塁失敗。その直後に2番・田沼華乃が四球で出塁するというチグハグな攻めが続いていたが、ようやく5回表、一死から8番・兼益明日香が三遊間深く転がす内野安打で出塁。代打・下條さくらのピッチャーゴロの間に一塁走者が二塁へ進塁すると、1番・和島野乃香がレフト前ヒット。二死ながら一・三塁とチャンスを広げ、2番・田沼華乃が粘って死球で満塁とした後、3番・平川穂波がセンター頭上を越える満塁ホームラン! チームを引っ張る「キャプテン」の値千金の一発でミナモが4点を先制した。

(※ミナモは5回表、「キャプテン」平川穂波の満塁ホームランで一挙4点を先制!)

 投げては、先発・竹原由菜が好投。5回までVERTZ打線をわずか2安打に抑え込み、6回裏にはエラーで走者を出しながら、その直後に守備陣がピッチャーがはじいた打球をショートがカバーし、6-4-3と素早く転送し、ダブルプレー。自らのミスを帳消しにする素晴らしいプレーを見せ、まさに「チーム一丸」の戦いでVERTZ打線に最後まで得点を許さず、4-0の完封勝ち。対戦成績を1勝1敗のタイに持ち込み、最終戦に「1部昇格」の望みをつないだ。

 敗れたVERTZは「連勝」で一気に「1部残留」を決めようと、第1戦に続き「エース」庄司奈々を連投させたが……打線がミナモ・先発の左腕・竹原由菜にかわされ、わずか2安打。最終回の3連続四球で得た二死満塁のチャンスにも「期待の大砲」1番・樋口菜美が「不発」に終わり、万事休す。満塁ホームラン「一発」に沈み、対戦成績1勝1敗となり、最終戦に「1部残留」をかけることになった。

(※最終回、VERTZも二死満塁と最後まで食い下がったが……)

1437
2019
11
8
11
08
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc