1部リーグ 第10節 20191020日()デンソー VS 太陽誘電

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】山口美紀
敗戦投手【デンソー】カーリー・フーバー
打撃成績 【太陽誘電】 
【デンソー】《本》田中真紀子、釼持祐衣《二》松木瑛里、川畑瞳
バッテリー
太陽誘電○山口美紀、尾崎望良-佐藤みなみ
デンソー●カーリー・フーバー-山澤葵

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第10節山梨大会・第2日第1試合は、前日(10月19日/土)の手痛い「1敗」を喫し、広島大会でのトヨタ自動車 レッドテリアーズの「勝利」、新潟大会での豊田自動織機 シャイニングベガの「敗戦」により、通算成績14勝7敗の「同率3位」に位置しながら「自力」での「決勝トーナメント進出」の権利を失い、他チームの動向に決勝トーナメント進出の「可能性」を委ねるしかなくなったデンソー ブライトペガサスと、4年連続となる「決勝トーナメント進出」を逃し、11勝10敗の「同率6位」と最後まで「一進一退」の状況から抜け出すことのできなかった太陽誘電 ソルフィーユが対戦した。
 
 ソルフィーユは2回表、ブライトペガサスの「エース」カーリー・フーバーを攻め、この回先頭の4番・佐藤みなみが四球を選び、出塁すると、次打者の送りバントがフィルダースチョイスとなり、無死一・二塁。6番・中溝優生の絶妙なプッシュバントで満塁とし、7番・川村莉沙の当たりがピッチャー強襲安打となり、二者生還。ソルフィーユが2点を先制した。

(※ソルフィーユは2回表、川村莉沙のタイムリーで2点を先制!)
 
 この試合に勝って「決勝トーナメント進出」の可能性を残したいブライトペガサスはその裏、5番・田中真紀子がセンターへソロホームラン! 「キャプテン」がチームを士気を鼓舞する「一発」を放ち、1点差に迫った。
 
 しかし、その直後の3回表、2番・山本晴香のレフト前ヒット、2つの四球等で二死満塁と攻め立てると、7番・川村莉沙への4球目が痛恨のワイルドピッチとなり、三塁走者が生還。ブライトペガサスの「快進撃」を支え続けてきた「エース」カーリー・フーバーの制球が乱れ、再び2点差にリードを広げられてしまった。
 
 それでも……ブライトペガサスは諦めない。その裏、1番・釼持祐衣がライトスタンドへ追撃のソロホームラン! 再び1点差に追い上げ、二死後、3番・川畑瞳が左中間へ二塁打。「一打同点」の場面を作ったが、次打者がレフトファウルフライに倒れ、無得点。6回裏にも前のイニングから登板していた左腕・尾崎望良を攻め、二死二・三塁の「一打逆転」のチャンスを作るも「あと一本」が出ず……。最終回も二死走者なしから粘り、代打・小島あみの安打、敵失、盗塁で二死ながら二・三塁の「一打逆転サヨナラ」の場面を作ったが、最後の打者がサードファウルフライに倒れ、万事休す。この瞬間、ブライトペガサスの6年ぶりとなる決勝トーナメント進出が「夢」と消えてしまった。

(※ブライトペガサスは最終回、二死二・三塁の「一打逆転サヨナラ」の場面を作ったのだが……)
 
 勝ったソルフィーユは12勝10敗の6位。4年連続の決勝トーナメント進出は逃してしまったが、最終節は「意地」の連勝。長いシーズンの最後を「勝利」で締めくくった。
 
 敗れたブライトペガサスは14勝8敗。第9節終了時点では「同率2位」につけ、最終節2試合に勝てば「文句なし」の決勝トーナメント進出となるはずだったのだが……。9勝2敗の「同率首位」で前半戦を折り返しながら、後半戦5勝6敗と失速……。手中にしていたかに見えた「決勝トーナメント進出」を逃す結果となってしまった。

1428
2019
10
20
10
20
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc