1部リーグ 第9節 20191013日()シオノギ製薬 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】ジェイリン・フォード
敗戦投手【シオノギ】池田美樹
打撃成績 【ホンダ】《本》長谷川優理《三》大畑成美《二》長谷川優理
【シオノギ】《本》數原顕子
バッテリー
ホンダ○ジェイリン・フォード-田井静華
シオノギ●池田美樹、千葉咲実-竹林綾香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節熊本大会・第2日第1試合は、通算成績7勝11敗で暫定9位(台風19号の影響による悪天候のため、岩手大会、横浜大会の初日(10月12日/土)の試合が中止・順延となり、各チームの消化試合数に差異が出てしまったため)のシオノギ 製薬ポポンギャルズと、13勝6敗で暫定4位、「決勝トーナメント進出圏内」にあるHonda Revertaが対戦した。
 
 先攻のRevertaは初回、ポポンギャルズ・先発の池田美樹の立ち上がりをとらえ、一死から2番・長谷川優理がセンター頭上を越えるソロホームランを放ち、先取点。試合の流れを引き寄せる強烈な「先制パンチ」を浴びせた。

(※Revertaは初回、長谷川優理が先制のソロホームランを放つ!)
 
 この「一発」で勢いづいたRevertaは続く2回表にも、5番・佐野由貴美、7番・アリー・カーダの安打等で一死一・二塁とし、8番・大畑成美が右中間へ走者一掃のタイムリースリーベース。続く9番・渡邉瑞貴にもセカンド後方へ落ちる幸運なタイムリーが飛び出し、この回3点を追加。4-0とリードを広げた。
 
 一方、ポポンギャルズは初回、2回裏と一死二・三塁とチャンスを作りながら、Revertaの先発・ジェイリン・フォードから「決定打」を奪えず、無得点に抑えられていたが、ようやく3回裏、安打で出塁した走者を一塁に置き、4番・數原顕子が左中間へツーランホームラン! 1シーズンの「日本リーグ最多本塁打記録」に並ぶ第10号本塁打を放ち、2点を返した。

(※ポポンギャルズは3回裏、「主砲」數原顕子のツーランホームランで2点を返す)
 
 1シーズンでの「日本リーグ最多本塁打記録」更新の期待がかかる數原顕子は5回裏の第3打席、「ホームランが出れば逆転」の一死一・二塁で打席に入ったが空振り三振。最終回、二死走者なしから3番・神藤美樹が「執念」のセーフティーバントを決め、「主砲」數原顕子に、この試合「4度目」の打席を回し、そのバットに期待がかかったが……一塁走者が盗塁に失敗し、ゲームセット。この試合での「記録更新」「新記録樹立」は成らなかった。
 
 勝ったRevertaは14勝目。通算成績14勝6敗とし、「決勝トーナメント進出圏内」の4位以上をキープしたまま、いよいよ「クライマックス」最終節(第10節)を迎えることになる。
 
 敗れたポポンギャルズは7勝12敗。残り3試合、「主砲」數原顕子のシーズン最多本塁打の記録更新、新記録樹立なるかに注目が集まる。

1419
2019
10
13
10
13
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc