1部リーグ 第9節 20191013日()ビックカメラ高崎 VS NECプラットフォームズ

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【BIC】勝股美咲
敗戦投手【NEC】城戸真古
打撃成績 【NEC】《本》和田美樹《二》松本風香
【BIC】《本》中西舞衣、森さやか《二》森さやか
バッテリー
NEC●城戸真古、大塲亜莉菜、寺澤小百合-小嶺来未、長井みなみ
BIC○勝股美咲、濱村ゆかり-我妻悠香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節岩手大会・第2日第3試合は、通算成績13勝4敗のビックカメラ高崎 BEE QUEENと、開幕から勝ち星なしの18連敗と出口の見えない「連敗のトンネル」の中で喘ぐNECプラットフォームズ Red Falconsが対戦した。
 
 両チーム無得点で迎えた4回裏、BEE QUEENは3回まで無得点に抑えられていたRed Falconsの先発・城戸真古をとらえ、6番・北口美海が三遊間を抜く安打で出塁。次打者のセカンドゴロで一塁走者が二塁フォースアウトになった後、8番・中西舞衣がツーランホームラン! 続く9番・工藤環奈がセンター前ヒットで出塁し、二死後、2番・森さやかが代わった大塲亜莉菜からまたしてもツーランホームランを放ち、この回大量4点を挙げた。

(※BEE QUEENは4回裏、中西舞衣、森さやかの2本のツーランホームランで4点を奪う!)
 
 一方、Red Falconsは4点を先制された直後の5回表、BEE QUEENの先発・勝股美咲から1番・和田美樹がレフトスタンドへ運ぶソロホームランを放ち、1点を返したが、6回表・7回表は代わった濱村ゆかりに無得点に抑えられ、1-4で完敗。この日のダブルヘッダーも連敗で開幕から勝ち星なしの19連敗となり、残り3試合「全勝」しても、すでに4勝を挙げている伊予銀行 VERTZには届かず、2部リーグへの「自動降格」が決まってしまった。
 
 勝ったBEE QUEENは14勝目。確実に勝ち星を積み重ね、暫定ながら「単独首位」の座を守った。

1415
2019
10
13
10
13
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc