1部リーグ 第9節 20191013日()SGホールディングス VS NECプラットフォームズ

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【SGH】カーヤ・パーナビー
敗戦投手【NEC】三木綾菜
打撃成績 【NEC】 
【SGH】《本》山科真里奈、中村光里、相馬里砂《三》藤原麻由
バッテリー
NEC●三木綾菜、大塲亜莉菜-小嶺来未
SGH○カーヤ・パーナビー-山科真里奈

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 台風19号の影響で1日順延された「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節岩手大会・第2日第2試合は、通算成績8勝10敗のSGホールディングス ギャラクシースターズと、開幕から勝ち星なしの17連敗、今節こそ「連敗」をストップさせたいNECプラットフォームズ Red Falconsが対戦した。
 
 後攻のギャラクシースターズは初回、Red Falconsの先発・三木綾菜の立ち上がりをとらえ、二死走者なしから3番・藤原麻由が右越三塁打で出塁。続く4番・山科真里奈がレフトスタンドへ運ぶツーランホームラン! ギャラクシースターズが初回に2点を先制した。

(※ギャラクシースターズは初回、山科真里奈のツーランで2点を先取!)
 
 初回に先制し、試合の主導権を握ったギャラクシースターズは3回裏にも、9番・中村光里がライトへソロホームランを放ち、1点を追加。3点差にリード広げた。
 
 4回までギャラクシースターズの「エース」カーヤ・パーナビーにわずか1安打に抑えられていたRed Falconsはようやく5回表に反撃。一死から6番・清水汐里、7番・鈴木茜の連打で一・三塁とし、一塁走者がすかさず盗塁。次打者のサードゴロの間に三塁走者が還り、1点を返した。
 
 2点差に追い上げられたギャラクシースターズは終盤6回裏、4回から登板していたRed Falconsの左腕・大塲亜莉菜から代打・相馬里砂が嬉しい日本リーグ「初本塁打」。貴重な追加点を挙げ、4-1とリードを広げた。
 
 守っては、「エース」カーヤ・パーナビーが5回表に1点を失ったものの、Red Falcons打線を散発4安打に抑え、追加点を許さず、完投。4-1で勝利を飾り、通算成績を9勝10敗で「暫定」ながら同率7位となった。
 
 敗れたRed Falconsは開幕から勝ち星なしの18連敗。勝利が遠く、「連敗のトンネル」の出口が見えない。

1414
2019
10
13
10
13
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc