1部リーグ 第9節 20191014日()伊予銀行 VS トヨタ自動車

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】後藤希友
敗戦投手【伊予銀行】山口清楓
打撃成績 【トヨタ】《本》堤加菜子、山崎早紀、鈴木鮎美
【伊予銀行】 
バッテリー
トヨタ○後藤希友-切石結女
伊予銀行●山口清楓、原田悠-二宮はな

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 予備日(10月14日/月・祝)を使って実施された「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節横浜大会・第3日第2試合は、ここまで4勝15敗の伊予銀行 VERTZと、通算成績11勝7敗、「連覇」「決勝トーナメント進出」へ望みをつなぐには「勝つしか道はない」トヨタ自動車 レッドテリアーズが対戦した。
 
 先攻のレッドテリアーズは初回、VERTZ・先発の山口清楓の立ち上がりをとらえ、1番・堤加菜子が先頭打者ホームラン。いきなり強烈な「先制パンチ」をお見舞いし、2番・石川恭子が四球で出塁。次打者のセカンドゴロの間に一塁走者が二塁へ進み、4番・山崎早紀がセンター頭上を越えるツーランホームラン! レッドテリアーズが2本のホームランで3点を先制した。

(※レッドテリアーズは初回、堤加菜子の先頭打者ホームラン、山崎早紀のツーランホームランで3点を先取!)
 
 3点をリードしたレッドテリアーズは4回表にも、一死から7番・鈴木鮎美が右中間へソロホームランを放ち、1点を追加。全得点を「ホームラン」で叩き出す、「空中戦」でVERTZを圧倒した。
 
 守っては、「期待の大型左腕」後藤希友がVERTZ打線をわずか3安打に抑え込み、8三振を奪う力投! 最後まで得点を許さず、記念すべき「日本リーグ初勝利・初完封」を飾り、通算成績を12勝7敗とした。

 敗れたVERTZは4勝16敗。10位チームがすでに7勝を挙げているため、11位が確定。最終節を前に2部リーグ2位・大垣 ミナモとの「入替戦」に回ることになった。

1408
2019
10
14
10
14
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc