1部リーグ 第9節 20191014日()ビックカメラ高崎 VS SGホールディングス

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【BIC】勝股美咲
敗戦投手【SGH】加藤あずさ
打撃成績 【SGH】《三》山科真里奈《二》中村光里
【BIC】《本》内藤美穂、工藤環奈《二》大工谷真波、山本優、中西舞衣
バッテリー
SGH●加藤あずさ、市谷愛美、樋口麻知子、カーヤ・パーナビー-藤原麻由、山科真里奈
BIC○勝股美咲、濱村ゆかり-我妻悠香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 予備日(10月14日/月・祝)に順延された「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節岩手大会・第3日第3試合は、ここまで15勝4敗で暫定(中止・順延による試合数に差異があるため)ながら「単独首位」を走るビックカメラ高崎 BEE QUEENと、通算成績9勝10敗のSGホールディングス ギャラクシースターズが対戦した。
 
 後攻のBEE QUEENは初回、ギャラクシースターズの先発・加藤あずさの立ち上がりを攻め、1番・大工谷真波がいきなり右中間を破る二塁打。死球、犠打で一死二・三塁とし、4番・山本優が四球で歩き、満塁。ここで5番・内藤実穂がレフトスタンドへ運ぶ満塁ホームランを放ち、強烈な先制パンチを見舞い、大量4点を先制した。

(※BEE QUEENは初回、内藤実穂の「グランドスラム」で大量4点を先制!)
 
 4点を追うギャラクシースターズは3回表、BEE QUEEN・先発の勝股美咲をとらえ、四球、フィルダースチョイスで無死一・二塁とし、二死後、4番・山科真里奈が走者一掃の右越三塁打を放ち、2点を返した。
 
 2点差に詰め寄られたBEE QUEENは4回裏、この回から代わった樋口麻知子から9番・工藤環奈のツーランホームラン、4番・山本優の適時二塁打等、長短4安打を集中し、この回3点を追加。再びギャラクシースターズを突き放した。
 
 ギャラクシースターズも5回表、この回から代わった濱村ゆかりから3番・中村光里が三塁線を破る二塁打を放ち、チャンスメイク。次打者のセカンドゴロで二塁走者が三塁へ進塁し、5番・藤原麻由のレフトへの犠牲フライで三塁走者を迎え入れ、1点を返したが反撃もここまで。3-7で敗れ、通算成績9勝11敗の8位で最終節を迎えることになった。
 
 勝ったBEE QUEENは今節3連勝で通算成績を16勝4敗まで伸ばし、最終節を待たずに決勝トーナメント進出が確定(2位が14勝6敗で3チームが並んでいる状態で、BEE QUEENが最終節の残り2試合に連敗した場合も同率で並ぶことはあっても4位以下に落ちることはなく、5位以下は7敗以上しているため、順位逆転の可能性はない)。2年ぶりの「王座奪還」へ……まずそのための「権利」を「一番乗り」で獲得した。

1406
2019
10
14
10
14
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc