1部リーグ 第8節 20191006日()NECプラットフォームズ VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【伊予銀行】庄司奈々
敗戦投手【NEC】三木綾菜
打撃成績 【伊予銀行】【NEC】三木綾菜
【NEC】【NEC】三木綾菜
バッテリー
伊予銀行○庄司奈々-二宮はな
NEC●三木綾菜、大塲亜莉菜、城戸真古-小嶺来未

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節・福島大会第2日第1試合は、開幕から勝ち星なしの16連敗。早く「1勝」がほしいNECプラットフォームズ Red Falconsと、通算成績3勝13敗の11位、「入替戦出場」の危機に瀕している伊予銀行 VERTZが対戦した。
 
 Red Falconsは2回裏、VERTZ・先発の庄司奈々をとらえ、一死から6番・望月朱里がショートゴロエラーで出塁すると、すかさず盗塁。ここで7番・鈴木茜が左中間を鋭く破るタイムリーツーベースを放ち、二塁走者を迎え入れ、Red Falconsが1点を先制した。

(※Red Falconsは2回裏、鈴木茜の適時二塁打で先取点を挙げたが……)
 
 1点を先制されたVERTZは、Red Falconsの先発・三木綾菜の前に5回までわずか1安打に抑え込まれ、5回表の四球、敵失、死球で得た一死満塁のチャンスも後続がセカンドライナー、サードゴロに倒れ、無得点。フラストレーションの溜まる試合展開が続いていた。
 VERTZは続く6回表、この回先頭の4番・正木朝貴が中越二塁打。次打者の内野ゴロの間に三塁へ走者を進め、6番・照喜名真李の打席でスクイズを敢行。これが見事に決まり、1-1の同点に追いついた。この直後、一塁走者が盗塁に失敗し、二死となり、同点止まりで攻撃終了かと思われたが、7番・浅石彩菜がしぶとくレフト前ヒットでつなぎ、VERTZ・秋元理紗監督はここで代打・若林舞を起用。この采配がズバリと当たり、若林舞がレフトスタンドへ豪快に打ち込む勝ち越しのツーランホームラン! VERTZがこの回3点を挙げ、試合をひっくり返した。

(※VERTZは6回表、代打・若林舞のツーラン等で3点を奪い、逆転に成功!)
 
 Red Falconsも粘りを見せ、その裏、2本の安打と死球で一死満塁のチャンスを作り、代打・知見美乃利の犠牲フライで1点を返したが反撃もここまで。その直後の7回表、前のイニングからリリーフしていた大塲亜莉菜がVERTZ打線に4連打を浴び、3失点。この試合も先制しながら2-6で敗れ、開幕から勝ち星なしの17連敗となってしまった。
 
 勝ったVERTZは4勝13敗。順位は11位と変わらないが、「入替戦出場」を回避すべく持前の「しぶとさ」で貴重な1勝を挙げ、入替戦なしでの「1部残留」をまだまだ諦めてはいない。

1398
2019
10
6
10
06
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc