1部リーグ 第7節 20190922日()SGホールディングス VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
敗戦投手【SGH】加藤あずさ
打撃成績 【戸田中央】《本》坂本結愛②、高原侑里《二》坂本結愛
【SGH】《本》山科真里奈
バッテリー
戸田中央○ジョーダン・テーラー-坂本結愛
SGH●加藤あずさ、市谷愛美、樋口麻知子-山科真里奈

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節尼崎大会・第2日第1試合は、通算成績7勝7敗の勝率5割、「悲願」の決勝トーナメント進出のためには「もう負けられない」SGホールディングス ギャラクシースターズと、ここまで8勝6敗の6位、上位争いに踏み止まるためにも「勝利」がほしい戸田中央総合病院 メディックスが対戦した。
 
 先攻のメディックスは初回、ギャラクシースターズ・先発の加藤あずさの立ち上がりを攻め、二死走者なしから3番・サム・フィッシャーが四球を選び、出塁すると、4番・坂本結愛がセンターへ先制のツーランホームラン! メディックスが2点を先制した。

(※メディックスは初回、坂本結愛のツーランホームランで2点を先制!)
 
 これで勢いづいたメディックスは3回表、ダブルプレーでチャンスを潰したかに見えた直後に4番・坂本結愛が2打席連続となるソロホームラン。続く4回表にも、この回から代わった市谷愛美から7番・高原侑里がセンターへソロホームラン。全得点をホームランで叩き出す、効果的な「一発攻勢」で4点を奪い、ギャラクシースターズを圧倒した。

 4点を追うギャラクシースターズは4回裏、4番・山科真里奈がメディックスの「エース」ジョーダン・テーラーからライトスタンドに運ぶ一発を放ち、1点を返したが反撃もここまで。相手を上回る7安打を放ったものの、得点はこの1点のみ。11三振を奪われる等、打線がつながらず、追加点を挙げることができなかった。

(※ギャラクシースターズは4回裏、山科真里奈の一発で1点を返したが……)
 
 ギャラクシースターズは「エース」カーヤ・パーナビー、「主砲」ステーシー・ポーターが、9月24日(火)に中国・上海で開幕する「東京2020オリンピック・アジア・オセアニア地区最終予選」に「オーストラリア代表」として出場するため、今節不在。投打の「柱」の不在はやはり大きく、今節連勝はならず……通算成績7勝8敗の同率7位と勝率5割を割ってしまった。
 
 一方、メディックスは9勝6敗の同率5位。「決勝トーナメント進出圏内」の4位まで「あと一歩」のところに迫っている。

1390
2019
9
22
09
22
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc