1部リーグ 第7節 20190921日()デンソー VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【デンソー】カーリー・フーバー
敗戦投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
打撃成績 【戸田中央】 
【デンソー】《三》釼持祐衣
バッテリー
戸田中央●ジョーダン・テーラー-坂本結愛
デンソー○カーリー・フーバー-山澤葵

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節尼崎大会・第1日第1試合は、ここまで10勝3敗で「同率首位」に並び、6年ぶりの「決勝トーナメント進出」に意欲を燃やすデンソー ブライトペガサスと、通算成績8勝5敗の同率5位、「決勝トーナメント進出圏内」である4位浮上のためにも「勝利」がほしい戸田中央総合病院 メディックスが対戦した。
 
 ブライトペガサスはカーリー・フーバー、メディックスはジョーダン・テーラー、ともに「エース」を立てての一戦は、息詰まる投手戦となった。
 
 メディックスは2回表、2本の安打と四球で二死満塁としたものの、後続なく無得点。3回表には一死から四球の走者を出したがダブルプレーでチャンスを潰し、5回表にも二死から1番・田中江理奈の安打とワイルドピッチで走者を得点圏に進めたが「あと一本」が出ず……。
 
 一方、ブライトペガサスは初回、二死から死球の走者を出したが後続を断たれ、4回裏に2番・ケリー・クレッチマンがチーム初安打を放ったが、走者を進めることもままならず、盗塁死等でチャンスらしいチャンスも作れぬまま、試合は終盤を迎えた。
 
 ブライトペガサスは5回裏、一死から6番・釼持祐衣がライトへ三塁打を放ち、チャンスメイク。続く7番・吉田彩夏が三遊間を破るタイムリーを放ち、待望の先取点。ブライトペガサスが先手を取った。

(※ブライトペガサスは5回裏、釼持祐衣、吉田彩夏の長短打で待望の先取点!)
 
 1点をリードされたメディックスは最終回、必死の反撃を試み、この回先頭の6番・長井美侑が四球を選び、出塁。犠打で走者を二塁へ進め、「一打同点」のチャンスを作ったが、力投を続けるブライトペガサスの「エース」カーリー・フーバーの前に後続が見逃し三振、サードゴロに倒れ、試合終了!

(※メディックスは最終回、「一打同点」のチャンスを作ったが……)
 
ブライトペガサスが「エース」カーリー・フーバーの好投で最少得点差を守り切り、1-0の完封勝利で通算成績を11勝3敗。高崎大会の第1試合で「同率首位」に並んでいたビックカメラ高崎 BEE QUEENが日立 サンディーバに1-7の大敗を喫したこともあり、「単独首位」に躍り出た。
 
 敗れたメディックスは8勝6敗。この試合に勝てば、一気に「決勝トーナメント進出圏内浮上」も夢ではなかったが……。上位争いから一歩後退となる痛い完封負けを喫し、6位に順位を落としてしまった。

1384
2019
9
21
09
21
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc