1部リーグ 第7節 20190921日()太陽誘電 VS NECプラットフォームズ

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】尾崎望良
敗戦投手【NEC】寺澤小百合
打撃成績 【NEC】 
【太陽誘電】《本》山本晴香②
バッテリー
NEC●寺澤小百合、大塲亜莉菜-小嶺来未
太陽誘電○尾崎望良、藤田倭-青木千春

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第7節高崎大会・第1日第2試合は、通算成績6勝7敗の同率7位、第4節前橋大会の初日、伊予銀行 VERTZ戦での勝利以来、「5連敗」と勝利から遠ざかっている太陽誘電 ソルフィーユと、ここまで勝ち星なしの13連敗、出口の見えない「連敗」のトンネルの中で喘ぐNECプラットフォームズ Red Falconsが対戦した。

   後攻のソルフィーユは初回、Red Falconsの先発・寺澤小百合の立ち上がりをとらえ、敵失、サードゴロ、ワイルドピッチの間に一死三塁の先制機を作り、3番・山本晴香がレフトへキッチリと犠牲フライを打ち上げ、三塁走者が生還。ソルフィーユが1点を先制した。
 
 1点を先制されたRed Falconsはその直後の2回表、ソルフィーユの先発・尾崎望良を攻め、四球、盗塁、ワイルドピッチで無死三塁とし、一死後、6番・轟優花の打席でヒットエンドランを敢行。これが見事に決まり、同点に追いついた。

(※Red Falconsは2回表、一死三塁から轟優花がヒットエンドランを決め、1-1の同点に……)
 
 しかし……同点に追いついたのも束の間、ソルフィーユがその裏、すぐに勝ち越し。二死走者なしから連続四球で一・二塁とし、9番・青木千春が痛烈な当たりを放つと、これがセカンドのグラブをはじく強襲ヒットとなり、二塁走者が一気に生還。2-1と再び1点のリードを奪った。

   再び1点を勝ち越し、勢いづいたソルフィーユは3回裏、2番・山本晴香がライトスタンドへ運ぶソロホームラン! 山本晴香は6回裏にも2打席連続のソロホームランを放ち、この試合2本塁打・3打点の大活躍!! 「キャプテン」がそのプレーでチームを引っ張り、「ホーム」で連敗ストップ。通算成績7勝7敗とし、勝率5割に戻した。

(※6回裏、ソルフィーユは「キャプテン」山本晴香が2打席連続のホームランを放ち、ダメ押し!)
 
 敗れたRed Falconsは開幕から勝ち星なしの14連敗。この試合も初回に1点を先制されながら一度は同点に追いついたのだが……。3点をリードされ、迎えた最終回にも6回表から登板した藤田倭を攻め、一死一・二塁の「ホームランが出れば同点」の場面を迎えたものの、後続を断たれ、無得点で試合終了。勝利が遠く、連敗脱出の「光」はまだ見えない。

1383
2019
9
21
09
21
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc