1部リーグ 第6節 20190908日()伊予銀行 VS SGホールディングス

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【伊予銀行】山口清楓
敗戦投手【SGH】加藤あずさ
打撃成績 【SGH】 
【伊予銀行】《本》正木朝貴《二》正木朝貴
バッテリー
SGH●加藤あずさ、樋口麻知子-山科真里奈
伊予銀行○山口清楓-二宮はな

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節安城大会・第2日第1試合は、通算成績2勝10敗の同率10位、「入替戦」出場の危機に瀕している伊予銀行 VERTZと、ここまで6勝6敗の勝率5割、上位争いに踏み止まるためにも「もう負けられない」SGホールディングス ギャラクシースターズが対戦した。
 
 後攻のVERTZは初回、ギャラクシースターズ・先発の加藤あずさの立ち上がりを攻め、1番・樋口菜美が三遊間を破る安打で出塁。一死後、3番・二宮はなの死球で一・二塁とし、4番・正木朝貴がセンターへはじき返すと、痛烈な打球はそのまま左中間を抜けるタイムリーツーベースとなり、走者を一掃。VERTZが初回に2点を先制した。
 
 VERTZは3回裏にも、1番・樋口菜美が二遊間を破る安打を放ち、出塁。犠打で二塁へ進み、二死後、4番・正木朝貴がライトスタンドへ運ぶツーランホームラン! 正木朝貴の全打点を叩き出す活躍でVERTZが4-0とリードを広げた。

(※VERTZは「4番」正木朝貴が全打点を叩き出す大活躍!)
 
 守っては、先発・山口清楓が毎回走者を背負いながら、3回表、4回表の一死一・二塁、5回表の一死満塁とピンチの連続を粘り強いピッチングで切り抜け、8安打を打たれながらも最後まで得点を許さず完封。4-0で快勝し、3勝目を挙げ、通算成績を3勝10敗とした。
 
 敗れたギャラクシースターズは6勝7敗の同率7位。相手を上回る8安打を放ち、毎回走者を出しながら「あと一本」が出ず、無念の完封負け。「悲願」の決勝トーナメント進出が遠のく、痛い連敗を喫し、上位争いから脱落しかねない「危機的状況」に追い込まれた。

1376
2019
9
8
09
08
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc