1部リーグ 第6節 20190908日()豊田自動織機 VS 太陽誘電

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
敗戦投手【太陽誘電】尾崎望良
打撃成績 【太陽誘電】 
【豊田織機】《二》江口未来子
バッテリー
太陽誘電●尾崎望良-佐藤みなみ
豊田織機○ダラス・エスコベド-椛山奈々

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節秦野大会・第2日第1試合は、ここまで7勝5敗の同率5位、「決勝トーナメント進出圏内」まで「あと一歩」の豊田自動織機 シャイニングベガと、通算成績6勝6敗の勝率5割と「貯金」がなくなり、「決勝トーナメント進出」のためには「もう負けられない」太陽誘電 ソルフィーユが対戦した。
 
 後攻のシャイニングベガは初回、ソルフィーユの左腕・尾崎望良の立ち上がりを攻め、一死から2番・江口未来子が左中間を破る二塁打。二死後、ワイルドピッチで三塁へ進み、4番・カースティ・メリットが四球で歩き、すかさず盗塁。二死ながら二・三塁と攻め立てたが、後続がショートゴロに倒れ、スリーアウト。先制のチャンスを逃した。
 
 シャイニングベガは2回裏にも、この回先頭の6番・田井亜加音がセンター前ヒットを放ち、出塁したが、代走に起用された村上ほのかが離塁アウトを取られ、チャンスを活かせず。ようやく3回裏、9番・竹中真海がショート内野安打で出塁し、盗塁成功。一死後、2番・江口未来子がピッチャー前にセーフティーバントを仕掛けると、ピッチャー・尾崎望良が「ウィンドミル」で一塁へ送球したが間に合わず内野安打。一・三塁となり、一塁走者がまたしても盗塁を試み、3番・佐藤光紗がそれを援護すべく、バントの構えで本塁に覆いかぶさるようにして見送ると、久々にスタメンマスクを任されたキャッチャー・佐藤みなみがボールを見失ったか、捕球できず……痛恨のパスボールとなり、三塁走者が生還。シャイニングベガが待望の先取点を挙げた。

(※シャイニングベガが相手守備の乱れに乗じて1点を先制!)
 
 一方、「投打の大黒柱」藤田倭をケガで欠くソルフィーユは、シャイニングベガ・先発のダラス・エスコベドの前に打線が沈黙。わずか2安打、得点圏に走者を進めたのも2回表、5回表のいずれも二死とあっては得点に結びつけるのは厳しかった。
 
 勝ったシャイニングベガは通算成績8勝5敗。同率5位は変わらず、「決勝トーナメント進出圏内へ浮上!」とはならなかったが、上位争いの「ライバル」を直接対決で確実に叩き、「大きな1勝」を挙げた。
 
 敗れたソルフィーユは6勝7敗の同率7位。「決勝トーナメント進出」が遠のく、今節「連敗」を喫し、「混戦状態」が依然として続いているとはいえ、もはや「断崖絶壁」の状態。いずれにせよ「勝つ」ことでしか状況を打開することはできない。

1374
2019
9
8
09
08
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc