1部リーグ 第6節 20190907日()デンソー VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【デンソー】原奈々
敗戦投手【伊予銀行】庄司奈々
打撃成績 【伊予銀行】 
【デンソー】《二》吉松梨乃
バッテリー
伊予銀行庄司奈々-二宮はな
デンソー原奈々-山澤葵

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第6節安城大会・第1日第2試合は、前半戦を9勝2敗の同率首位で折り返し、「サマーブレイク」明けの今節「ホーム」でさらに星を伸ばしたいデンソー ブライトペガサスと、前半戦2勝9敗の同率10位。「入替戦」出場の危機から脱するためにも「勝ち星」のほしい伊予銀行 VERTZが対戦した。
 
 VERTZ・庄司奈々、ブライトペガサス・原奈々、両投手の先発ではじまったこの試合、ブライトペガサスが押し気味に試合を進め、初回は2本の安打を放ちながら盗塁失敗もあり、得点に結びつけることができず、2回裏も6番・吉松梨乃が二塁打を放ったが得点なし。3回裏、5回裏はいずれもダブルプレーでチャンスを潰し、ようやく6回裏、この回先頭の4番・田中真紀子が四球を選び、出塁。犠打、ショートゴロの間に走者が三塁まで進み、代打・櫻岡春香が粘って四球でつなぎ、二死ながら一・三塁とした後、8番・山澤葵がセンター前にタイムリー! ブライトペガサスが待望の先取点を挙げた。

(※ブライトペガサスは6回裏、山澤葵が「値千金」のタイムリーを放つ!)
 
 1点のリードをもらった原奈々は最終回も冷静沈着なピッチングを見せ、VERTZ「最後の攻撃」をレフトファウルフライ、セカンドライナー、ショートゴロに打ち取り、ゲームセット。最少得点差を守り切り、1-0の完封勝ちで通算成績を10勝2敗に伸ばし、単独首位に躍り出た。
 
 敗れたVERTZは2勝10敗。同率10位、「入替戦」出場の危機は変わらず……。「粘りのピッチング」を見せた「エース」庄司奈々を打線が援護することができず、1点が遠く、完封負けを喫した。

1371
2019
9
7
09
07
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc