1部リーグ 第5節 20190526日()SGホールディングス VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【SGH】加藤あずさ
敗戦投手【伊予銀行】原田悠
打撃成績 【伊予銀行】《本》樋口菜美《二》松成あゆみ
【SGH】《二》藤原麻由
バッテリー
伊予銀行●原田悠-二宮はな
SGH○加藤あずさ-山科真里奈

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第5節京都大会・第2日第2試合は、ここまで5勝5敗の勝率5割で8位、「ホーム」の熱い声援に応え、「上位浮上」のキッカケをつかみたいSGホールディングス ギャラクシースターズと、通算成績2勝8敗の10位と「好ゲーム」を演じながら、なかなか「勝ち星」に結びつけることができずにいる伊予銀行 VERTZが対戦した。
 
 両チーム無得点で迎えた3回表、VERTZはギャラクシースターズ・先発の加藤あずさをとらえ、一死から1番・樋口菜美が先制のソロホームラン。待望の先取点を挙げた。

(※VERTZは3回表、樋口菜美が先制のソロホームランを放つ!)
 
 ギャラクシースターズもその裏、すぐに反撃。8番・釣春香の二遊間を破る安打、犠打、1番・中村光里の四球で一・二塁とした後、2番・立川夏波のセカンドゴロの間に、走者がそれぞれ二・三塁へ進塁。3番・ステーシー・ポーターは勝負を避けられ、ストレートのフォアボールで歩き、満塁となった後、ここで4番・山科真里奈がセンター前にはじき返すタイムリーを放ち、1-1の同点に追いついた。

 1-1の同点のまま、迎えた6回裏、ギャラクシースターズは四球と2本の安打等で二死ながら満塁と攻め立て、代打・藤原麻由が満塁の走者を一掃するタイムリーツーベース。続く1番・中村光里にも左中間へのタイムリーが飛び出し、この回4点を勝ち越した。

(※1-1の同点で迎えた6回裏、ギャラクシースターズは代打・藤原麻由の走者一掃の適時二塁打等で4点を勝ち越し!)

 VERTZも最終回、最後まで粘りを見せ、3本の長短打を集中し、1点を返したが反撃もここまで。2-5で敗れ、通算成績2勝9敗の同率10位で前半戦を折り返した。
 
 勝ったギャラクシースターズは6勝5敗、5チームが同率に並ぶ「5位グループ」に位置し、前半戦を終了。「ホーム」での最終戦を勝利で飾り、「サマーブレイク」を迎えることになった。

1365
2019
5
26
05
26
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc