1部リーグ 第5節 20190525日()デンソー VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】常盤紫文
敗戦投手【デンソー】辰巳舞衣
打撃成績 【ホンダ】《本》長谷川優理《二》佐野由貴美、胡子路代
【デンソー】《本》吉松梨乃《二》田中真紀子
バッテリー
ホンダ○常盤紫文、ジェイリン・フォード-大塚友紀、田井静華
デンソー●辰巳舞衣-山澤葵

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第5節埼玉大会・第1日第1試合は、前節(第4節)の豊田自動織機 シャイニングベガ戦に0-1の完封負けを喫し、開幕からの連勝が「8」でストップ。通算成績8勝1敗で同率首位となったデンソー ブライトペガサスと、ここまで6勝3敗の同率3位、「決勝トーナメント進出圏内」の好位置につけるHonda Revertaが対戦した。
 
 先攻のRevertaは初回、ブライトペガサスの先発・辰巳舞衣の立ち上がりを攻め、1番・長谷川優理が先頭打者ホームランを放ち、先制!

(※先攻のRevertaは初回、長谷川優理が試合の「流れ」を決定づける先頭打者ホームランを放つ!)
 
 この「一発」で勢いづいたRevertaは2番・大塚友紀が四球で出塁。レフトフライ、セカンドゴロ(二塁フォースアウト)で二死となったものの、一塁走者が盗塁に成功。二死ながら得点圏に走者を進めると、5番・佐野由貴美がレフト前にタイムリー。二塁走者が判断良く本塁を陥れ、初回に2点を先制した。

 Revertaは続く2回表にも、7番・塚本蛍、8番・巽麗菜の二者連続の内野安打で無死一・二塁。9番・永友遥のセカンドゴロが「最悪」のダブルプレーとなってしまい、チャンスを潰したかに見えたが、1番・長谷川優理がレフト前にタイムリー。1点を追加し、3回表にも二死走者なしから5番・佐野由貴美、6番・田井静華の長短打で1点を加え、4-0と予想外の一方的な試合展開となった。

 ブライトペガサスもその裏、Reverta・先発の常盤紫文をとらえ、敵失、盗塁、四球で無死一・二塁とし、2番・ケリー・クレッチマンがレフト前にタイムリー。1点を返し、なお無死一・二塁のチャンスが続いたが、後続が見逃し三振、キャッチャーファウルフライ、ショートフライに倒れ、1点どまり。いつものたたみかけるような攻撃・試合展開に持ち込むことができず、絶好の反撃機を逃してしまった。

 ブライトペガサスは5回表、7回表にもRevertaに追加点を奪われ、万事休す。最終回、8番・吉松梨乃が5回途中からリリーフしていたRevertaの「エース」ジェイリン・フォードから「意地」の一発を放ったものの、時すでに遅く、2-6で完敗。開幕から無傷の8連勝の後、手痛い連敗を喫し、開幕から守り続けてきた「首位」の座を明け渡すことになってしまった。
 
 勝ったRevertaは7勝3敗。単独3位の「好位置」につけ、4年ぶりの「決勝トーナメント進出」へ向け、快進撃を続けている。

1354
2019
5
25
05
25
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc