1部リーグ 第4節 20190518日()ビックカメラ高崎 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【BIC】濱村ゆかり
敗戦投手【ホンダ】常盤紫文
打撃成績 【ホンダ】《本》佐野由貴美《二》大塚友紀②
【BIC】《本》我妻悠香《三》大工谷真波《二》市口侑果、森さやか
バッテリー
ホンダ●常盤紫文-大塚友紀
BIC濱村ゆかり、中野花菜、○濱村ゆかり-我妻悠香、降矢香、我妻悠香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第4節前橋大会・第1日第2試合は、ここまで6勝1敗の2位、第2節太田大会でのデンソー ブライトペガサス戦で「エース」上野由岐子が負傷退場、長期の戦線離脱を余儀なくされながら、「チーム一丸」の戦いで2位の好位置をキープしている「ホーム」ビックカメラ高崎 BEE QUEENと、ここまで5勝2敗の同率3位、前半戦の「台風の目」となっているHonda Revertaが対戦した。

 後攻のBEE QUEENは初回、Reverta・先発の常盤紫文の立ち上がりを攻め、1番・大工谷真波がいきなりライト線を鋭く破る三塁打を放ち、出塁すると、続く2番・市口侑果もインコースの高めを上手く肘をたたんで叩き、ライト頭上を越える適時二塁打。あっさり先取点を挙げ、3番・糟谷舞乃の死球で無死一・二塁とした後、4番・山本優が詰まりながらも「力」でセンター前に運ぶタイムリー。二塁走者が還り、この回2点目。次打者のセカンドゴロで一死二・三塁とチャンスを広げ、6番・北口美海のセカンドゴロで三塁走者が三・本間で挟殺される間に二塁走者が三塁へ、打者走者が二塁へ進み、7番・森さやかのライト前に落ちる幸運なポテンヒットで二者が還り、この回大量4点を先制。初回で勝負を決めたかと思われた。

 しかし、好調・Revertaも負けてはいない。4回表、BEE QUEEN・先発の濱村ゆかりから、安打で出塁した走者を塁上に置き、5番・佐野由貴美がレフトスタンドへ運ぶツーランホームラン。反撃の狼煙を上げると、続く5回表には、この回から代わった中野花菜を攻め、安打、四球等で二死一・二塁とし、2番・大塚友紀が右中間を深々と破る適時二塁打を放ち、走者を一掃。4-4の同点に追いつき、試合を振り出しに戻した。

(※Revertaは5回表、大塚友紀の適時二塁打で4-4の同点に追いつく!)

 同点に追いつかれたBEE QUEENは6回裏、2回以降、追加点を奪えずにいたReverta・常盤紫文から7番・森さやかが四球を選び、出塁。8番・藤本麗の犠打で二死ながら得点圏に走者を進めると、6回表の守備から再出場していた9番・我妻悠香が「完璧」な当たりの勝ち越しツーランホームラン! 粘るRevertaを振り切り、6-4で競り勝ち、通算成績7勝1敗とし、2位の座を守った。

(※6回裏、BEE QUEENは「キャプテン」我妻悠香が勝ち越しのツーランホームラン!)

 敗れたRevertaは5勝3敗の4位に後退。辛うじて「決勝トーナメント進出圏内」はキープしているものの、背後には「王者」トヨタ自動車 レッドテリアーズを筆頭に4チームが並ぶ4勝4敗の「5位グループ」が迫っており、互いに星を潰し合う「大混戦」の気配が漂いはじめた。


1343
2019
5
18
05
18
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc