1部リーグ 第3節 20190512日()シオノギ製薬 VS 太陽誘電

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【シオノギ】千葉咲実
敗戦投手【太陽誘電】山口美紀
打撃成績 【太陽誘電】《二》中溝優生
【シオノギ】 
バッテリー
太陽誘電藤田倭、●山口美紀、尾崎望良-青木千春
シオノギ○千葉咲実、重藤恵理佳、千葉咲実-竹林綾香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第3節青森大会・第2日第2試合は、前日のHonda Reverta戦に4-2で快勝。嬉しい「今シーズン初勝利」を挙げ、通算成績1勝5敗の同率9位。「最下位脱出」を果たしたシオノギ製薬 ポポンギャルズと、ここまで5勝1敗の同率2位、4年連続の決勝トーナメント進出と1994年に決勝トーナメント制が導入されて以来、遠ざかっている「悲願」の日本リーグ制覇へ向け、好位置につける太陽誘電 ソルフィーユが対戦した。
 
 先攻のソルフィーユは初回、三者凡退に終わり、その裏、守備につくと同時にDP・山口美紀がピッチャー・藤田倭の守備を兼務。山口美紀が「実質的な先発投手」となり、初回、2回を無得点に抑え、試合は3回を迎えた。
 3回裏、ポポンギャルズはその山口美紀を攻め、四球、敵失、犠打で一死二・三塁とし、3番・古藤優実の打席の2球目、スクイズを敢行。これが外され、空振りに終わり、飛び出していた三塁走者がタッチアウト。二死二塁となり、先制のチャンスを逃したかに見えたが……古藤優実が一・二塁間を鋭く破るタイムリー。二塁走者が還り、ポポンギャルズが先取点を挙げた。

(※ポポンギャルズは3回裏、古藤優実のタイムリーで先取点!)
 
 1点を先制されたソルフィーユは、その直後の4回表、ポポンギャルズの先発・千葉咲実を攻め、2番・山本晴香が四球を選び、出塁。一死後、4番・中溝優生が三塁線を破る二塁打を放ち、一死二・三塁の「一打逆転」のチャンスを作ったが、5番・大塚枝里香がフルカウントから見逃し三振、「売り出し中」の6番・川村莉沙のキャッチャー前のセーフティーバントが一塁で刺され、無得点に終わった。

(※ソルフィーユは4回表、一死二・三塁の「一打逆転」のチャンスを作ったが……「あと一本」が出ず)
 
 ソルフィーユは、その後も左腕・千葉咲実から重藤恵理佳を挟み、千葉咲実を再出場・再登板させるポポンギャルズの投手リレーに翻弄され、今シーズン「初」の完封負け。通算成績5勝2敗となり、同率3位に順位を落とした。

 勝ったポポンギャルズは今節連勝。開幕から勝ち星なしの5連敗で迎えた今節、見事にチームを立て直し、「上位争い」を演じるチームを相手に連勝を飾り、2勝5敗の同率9位に順位を上げ、「2部リーグ降格圏内」から抜け出した。

1337
2019
5
12
05
12
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc