1部リーグ 第2節 20190428日()豊田自動織機 VS シオノギ製薬

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】秋元菜穂
敗戦投手【シオノギ】重藤恵理佳
打撃成績 【シオノギ】《本》宇野有加里
【豊田織機】《二》佐藤光紗、洲鎌夏子、江口未来子②、中森菜摘
バッテリー
シオノギ●重藤恵理佳、奥野初音-竹林綾香
豊田織機○秋元菜穂-永溝早紀

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第2節長崎大会、第2日第1試合は、通算成績1勝3敗、なかなか「本来の調子」が出ない豊田自動織機 シャイニングベガと、開幕から勝ち星なしの4連敗、早く「今シーズン初勝利」がほしいシオノギ製薬 ポポンギャルズが対戦した。
 
 後攻のシャイニングベガは初回、ポポンギャルズ・先発の重藤恵理佳の立ち上がりを攻め、二死走者なしから3番・佐藤光紗、4番・洲鎌夏子の二者連続の二塁打で先手を取った。

(※後攻のシャイニングベガは初回、佐藤光紗、洲鎌夏子の連続二塁打で先取点!)
 
 シャイニングベガは3回裏にも、二死二塁から5番・中森菜摘のセンターオーバーのタイムリーツーベースで1点を追加。6回裏には、7番・江口未来子の左中間へのタイムリーツーベース、代打・須藤志歩のセンター前へのタイムリーで2点を加え、4点差にリードを広げた。
 
 一方、ポポンギャルズはシャイニングベガ・先発の秋元菜穂を攻めあぐみ、6回までわずか2安打。7回表、一死一塁から代打・宇野有加里がセンターへ弾丸ライナーで突き刺すツーランホームランを放ち、完封こそ免れたが、反撃もここまで。開幕から勝ち星なしの5連敗と苦しい状況が続いている。

(※7回表、代打・宇野有加里が完封阻止のツーランホームランを放つ!)
 
 勝ったシャイニングベガは2勝3敗。この試合、「先発」を任された秋元菜穂が完封こそ逃したものの、2失点の完投勝利。3年目にして嬉しい「日本リーグ初勝利」を挙げ、チームの「苦境」を救う貴重な1勝となった。


1328
2019
4
28
04
28
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc