1部リーグ 第2節 20190428日()太陽誘電 VS トヨタ自動車

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】モニカ・アボット
敗戦投手【太陽誘電】藤田倭
打撃成績 【トヨタ】《本》山崎早紀、坂元令奈②《二》山崎早紀
【太陽誘電】《三》中溝優生《二》藤田倭
バッテリー
トヨタモニカ・アボット、後藤希友、○モニカ・アボット-峰幸代
太陽誘電曽根はん奈、尾崎望良、●藤田倭、山口美紀-佐藤みなみ、青木千春、佐藤みなみ

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第2節静岡大会、第2日第1試合は、開幕4連勝と「開幕ダッシュ」に成功し、デンソー ブライトペガサスと並んで「同率首位」に立つ太陽誘電 ソルフィーユと、前日のHonda Reverta戦では、最終回に同点に追いつきながら延長タイブレーカーの末に敗れ、早くも2敗目。通算成績2勝2敗となったトヨタ自動車 レッドテリアーズが対戦した。

 レッドテリアーズは2回表、ソルフィーユ・先発の曽根はん奈から4番・山崎早紀、5番・坂元令奈が二者連続のホームランを放ち、2点を先制した。

 2点を追うソルフィーユは3回裏、レッドテリアーズの「絶対的エース」モニカ・アボットをとらえ、この回先頭の8番・川村莉沙がバント安打で出塁。一死後、1番・原田のどかの死球、2番・山本晴香のサード内野安打に一塁への悪送球が絡み、1点を返し、なお一死一・三塁のチャンスが続き、3番・藤田倭がレフトオーバーのタイムリーツーベース。2-2の同点に追いつき、二死後、5番・佐藤みなみのピッチャー前への当たりをモニカ・アボットが処理したものの、打者走者にタッチに行くか、一塁に送球するか、一瞬迷い、内野安打。この間に二者が還り、ソルフィーユが2点を勝ち越し。4-2と逆に2点のリードを奪った。

(※ソルフィーユは3回裏、「難攻不落」のモニカ・アボットから一挙4点を奪い、逆転に成功!)

 これで勢いづいたソルフィーユは4回裏、この回から代わった「期待の大物ルーキー」後藤希友を攻め、二死二塁から1番・原田のどかがレフト前にタイムリー。続く5回裏にも、4番・中溝優生が右越三塁打を放ってチャンスを作ると、6番・大塚枝里香のセンターへの犠牲フライで生還。6-2とリードを広げ、試合を決めたかに見えた。

 しかし、「王者」レッドテリアーズがここから反撃。6回表、4回から登板していた藤田倭から5番・坂元令奈がこの試合2本目となる本塁打をレフトスタンドへ運び、まず1点。3点差で迎えた7回表には、連続四死球、2番・鈴木鮎美の一・二塁間を抜く安打で無死満塁とし、一死後、4番・山崎早紀が三塁線を痛烈に破る二塁打を放ち、走者を一掃。土壇場で6-6の同点に追いつき、試合はそのまま、延長タイブレーカーへともつれ込んだ。

 延長10回に1点ずつを取り合い、迎えた13回表、レッドテリアーズは6番・アリー・アギュラーが送りバント。この打球を処理した藤田倭が無理な体勢から懸命に一塁に送球したが、これが悪送球となり、レッドテリアーズが1点を勝ち越し。藤田倭はそのままグラウンドに倒れ込み、立ち上がれぬまま負傷退場。急遽、山口美紀がリリーフしたが、チームの「大黒柱」の戦列離脱が与えた影響は大きく、試合の流れが一変。7番・渥美万奈、9番・峰幸代のタイムリー、1番・石川恭子の犠牲フライ、さらにソルフィーユ守備陣の守備の乱れもあり、レッドテリアーズがこの回大量4点を挙げ、延長13回に及ぶ「死闘」にピリオドを打った。

(※延長13回表、レッドテリアーズは大量4点を挙げ、粘るソルフィーユを振り切った)

 勝ったレッドテリアーズは3勝2敗。この試合も途中4点のビハインドを背負う苦しい状況に追い込まれたが……「王者の意地」を見せ、逆襲。終盤の驚異的な粘りで延長タイブレーカーに持ち込み、最後は「大黒柱」を失ったソルフィーユを撃破。延長13回に及ぶ「死闘」を制し、白星を一つ先行させた。
 
 敗れたソルフィーユは今シーズン「初黒星」を喫し、開幕からの連勝は「4」でストップ。通算4勝1敗となったが、その「1敗」以上に試合途中で負傷退場を余儀なくされた投打の「大黒柱」藤田倭の状態が気になるところだ。「開幕ダッシュ」に成功し、好スタートを切っていただけに、今後への影響がなければ良いのだが……。

1326
2019
4
28
04
28
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc