1部リーグ 第2節 20190427日()SGホールディングス VS 豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【SGH】カーヤ・パーナビー
敗戦投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
打撃成績 【豊田織機】 
【SGH】《三》市川咲子
バッテリー
豊田織機●ダラス・エスコベド-永溝早紀
SGH加藤あずさ、○カーヤ・パーナビー-山科真里奈

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第2節長崎大会、第1日第2試合は、ここまで通算成績2勝1敗、「今年こそ! 決勝トーナメント進出!!」と意気込むSGホールディングス ギャラクシースターズと、第1節で「今シーズン初勝利」を挙げたものの、1勝2敗ともう一つ波に乗り切れずにいる豊田自動織機 シャイニングベガが対戦した。
 
 両チーム無得点で迎えた3回表、シャイニングベガはギャラクシースターズの先発・加藤あずさを攻め、二死走者なしから相手エラーで走者を出すと、代打・中川彩音がレフト前にしぶとく落とすタイムリー。二塁走者が還り、シャイニングベガが先手を取った。

(※シャイニングベガは3回表、代打・中川彩音が先制のタイムリーを放つ!)
 
 ギャラクシースターズもその裏、すぐに反撃。シャイニングベガの先発・ダラス・エスコベドをとらえ、7番・中島香澄が四球で出塁し、すかさず盗塁。8番・立川夏波の送りバントで一死三塁とし、代打・藤原麻由がセンターにはじき返すタイムリー。三塁走者を迎え入れ、1-1の同点に追いついた。
 
 試合を振り出しに戻したギャラクシースターズは4回表から「エース」カーヤ・パーナビーを投入。その後は両チーム一歩も譲らず、1-1の同点のまま、試合は最終回を迎えた。
 
 ギャラクシースターズは7回裏、一死から6番・市川咲子がライトへ高々と打ち上げると、折からの強い風にも乗ったか、打球はそのままライト頭上を越える三塁打となり、「一打サヨナラ」の場満を迎えた。ここで7番・中島香澄はワンボール・ワンストライクからの3球目、ダラス・エスコベドの投じた、この試合119球目をとらえ、左中間を破るサヨナラ安打。粘るシャイニングベガを振り切り、劇的なサヨナラで2-1と競り勝ち、通算成績を3勝1敗とした。

(※ギャラクシースターズは7回裏、中島香澄のサヨナラ安打でシャイニングベガを振り切る!)
 
 敗れたシャイニングベガは1勝3敗。「期待の新外国人投手」ダラス・エスコベドが好投を続けながらそれに報いることができず、開幕から4試合でわずか4得点と打線が振るわず。投打の歯車が噛み合わず、苦しい試合展開が続いている。

1323
2019
4
27
04
27
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc