1部リーグ 第2節 20190427日()シオノギ製薬 VS 日立

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】岡村奈々
敗戦投手【シオノギ】千葉咲実
打撃成績 【日立】《本》松本怜奈
【シオノギ】《本》數原顕子
バッテリー
日立○岡村奈々-鈴木理恵
シオノギ●千葉咲実、吉井朝香-竹林綾香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第2節長崎大会、第1日第1試合は、開幕から勝ち星なしの3連敗、早く「今シーズン初勝利」を挙げたいシオノギ製薬 ポポンギャルズと日立 サンディーバが対戦した。
 
 両チーム無得点で迎えた3回表、サンディーバはポポンギャルズ・先発の左腕・千葉咲実をとらえ、この回先頭の8番・鈴木理恵が初球を狙い、センター前にクリーンヒット。次打者が確実に犠打で送り、得点圏に走者を進め、さらにピッチャーゴロの間に走者が三塁へ進塁。ここで2番・松本怜奈がツーボール・ワンストライクからの4球目、アウトコース寄り低めのボールに巧みにバットを合わせ、左中間スタンドへ運ぶツーランホームラン。サンディーバが2点を先制した。

(※サンディーバは3回表、松本怜奈のツーランホームランで先制!)
 
 一方、ポポンギャルズは3回までサンディーバ・先発の岡村奈々に無得点に抑えられていたが、4回裏、二死走者なしから4番・數原顕子が低めのボールを豪快にすくい上げ、右中間スタンドへ運ぶソロホームラン。「主砲」の一発で1点差に詰め寄った。

(4回裏、ポポンギャルズは「主砲」數原顕子が追撃のソロホームランを放つ!)
 
 サンディーバ・岡村奈々は1点差に追い上げられながらも5回裏を三者凡退、6回裏、7回裏はいずれも二死走者なしから安打を許したものの、落ち着いて後続を断ち、被安打3・失点1の完投で嬉しい今シーズン初勝利。開幕4戦目にしてようやく初白星を手にし、通算成績を1勝3敗とした。

 一方、ポポンギャルズは未だ勝ち星なしの開幕4連敗。昨シーズンのような「勢い」が感じられず、開幕から苦しい試合が続いている。早く「今シーズン初勝利」を手にし、それをキッカケにチームの立て直しを図りたいところだ。

1322
2019
4
27
04
27
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc