1部リーグ 第1節 20190421日()ビックカメラ高崎 VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【BIC】濱村ゆかり
敗戦投手【伊予銀行】原田悠
打撃成績 【伊予銀行】《二》麻生佳奈代
【BIC】 
バッテリー
伊予銀行●原田悠、山口清楓-二宮はな、若林舞
BIC○濱村ゆかり、中野花菜-我妻悠香、降矢香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第1節・宮崎大会、第2日第1試合は、開幕「連勝」の好スタートを切り、2年ぶりの「王座奪還」へ向け、順調な足どりを刻むビックカメラ高崎 BEE QUEENと、開幕戦では終盤の逆転劇で勝利し、前日も「王者」トヨタ自動車 レッドテリアーズに敗れはしたものの、3点差を追いつき、延長タイブレーカーにもつれ込む好ゲームを演じた伊予銀行 VERTZが対戦した。
 
 後攻のBEE QUEENは初回、VERTZ・先発の原田悠の立ち上がりを攻め、敵失、安打、盗塁、四球で一死満塁とし、5番・北口美海が左中間へ先制のタイムリー。二者が還り、BEE QUEENが初回に2点を先制した。

(後攻のBEE QUEENは初回、鮮やかな先制攻撃で2点を先制!)
 
 BEE QUEENは続く2回裏にも、一死から1番・大工谷真波が四球で出塁し、2番・市口侑果のセーフティー気味の送りバントで一塁走者が一気に三塁へ進塁。バント処理で三塁ベースがガラ空きとなったVERTZ守備陣の一瞬の隙を見逃さず、好判断で三塁を陥れると、3番・糟谷舞乃も四球で歩き、すかさず盗塁。二死二・三塁の追加点のチャンスに4番・山本優が詰まりながらもセンター前に落とすタイムリー。「主砲」の一打で貴重な追加点を挙げた。
 
 3点を追うVERTZは3回表、BEE QUEENの先発・濱村ゆかりをとらえ、8番・麻生佳奈代がレフト線ギリギリに落ちる二塁打。犠打で走者を三塁へ進め、1番・正木朝貴がセンター前へタイムリー。1点を返し、「反撃開始!」と思われたが、次打者が1-6-3とわたるダブルプレーに打ち取られ、1点どまり。

(※VERTZは3回表、ようやく1点を返したが……)
 
 その後は先発・濱村ゆかりから中野花菜へとつなぐ、BEE QUEENの投手リレーの前に追加点を奪えず、1-3で敗れ、今節連敗。通算成績1勝2敗となった。
 
 勝ったBEE QUEENは無傷の開幕3連勝。2年ぶりの「王座奪還」へ向け、順調に勝ち星を積み上げている。

1316
2019
4
21
04
21
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc