1部リーグ 第1節 20190421日()SGホールディングス VS シオノギ製薬

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【SGH】カーヤ・パーナビー
敗戦投手【シオノギ】吉井朝香
打撃成績 【シオノギ】《二》數原顕子
【SGH】 
バッテリー
シオノギ●吉井朝香-竹林綾香
SGH加藤あずさ、○カーヤ・パーナビー-山科真里奈

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第1節・大阪大会、第2日第1試合は、通算成績1勝1敗のSGホールディングス ギャラクシースターズと、ここまでまだ勝ち星がなく、早く「今シーズン初勝利」がほしいシオノギ製薬 ポポンギャルズが対戦した。
 
 後攻のギャラクシースターズは初回、二死走者なしから3番・ステーシー・ポーターが四球で歩き、4番・山科真里奈のサードゴロがエラーを誘い、二・三塁のチャンスをつかむと、5番・柳瀬友紀が「執念」で二遊間を抜くタイムリー。完全に詰まらされながらも「気持ち」で打球をセンターまで運び、二者生還。「キャプテン」の勝利への執念が打球に「魂」を宿し、ギャラクシースターズに先制点をもたらした。

 2点をリードされたポポンギャルズは5回までギャラクシースターズの先発・加藤あずさの前に無得点に抑えられていたが、ようやく終盤6回表、その加藤あずさをとらえ、3番・谷本奈々、4番・數原顕子の長短打でまず1点。なお一死三塁のチャンスが続き、5番・児嶋優がセンターへはじき返し、三塁走者が生還。2-2の同点に追いついた。

(※ポポンギャルズは6回表、3本の長短打を集中し、2-2の同点に追いつく)

 同点に追いつかれたギャラクシースターズは6回から「エース」カーヤ・パーナビーを投入。勢いづくポポンギャルズ打線の火消しにかかり、一方、ポポンギャルズの先発・吉井朝香も2回以降は立ち直り、ギャラクシースターズ打線に追加点を許さず、2-2の同点のまま、試合は延長タイブレーカーへともつれ込んだ。

 8回表、「エース」カーヤ・パーナビーがポポンギャルズの攻撃を無得点に封じ、試合の「流れ」を呼び込み、その裏、ギャラクシースターズは犠打、死球、故意四球で一死満塁とし、4番・山科真里奈がライト頭上を越えるサヨナラ安打。粘るポポンギャルズを振り切り、3-2で勝利を収め、通算成績を2勝1敗とした。

(※ギャラクシースターズは延長8回裏、一死満塁から山科真里奈がサヨナラ安打を放つ!)
 
 ポポンギャルズは開幕3連敗。昨シーズンの「勢い」が感じられず、苦しいスタートとなってしまったが、まだまだ勝負はこれから。第2節以降の巻き返しに期待したいところだ。


1314
2019
4
21
04
21
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc