1部リーグ 第1節 20190421日()Honda VS 太陽誘電

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【太陽誘電】尾崎望良
敗戦投手【ホンダ】ジェイリン・フォード
打撃成績 【太陽誘電】《二》佐竹紫乃
【ホンダ】《本》森山遥菜《二》胡子路代、塚本蛍
バッテリー
太陽誘電山口美紀、○尾崎望良、藤田倭-青木千春
ホンダ●ジェイリン・フォード-田井静華

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第1節・千葉大会、第2日第1試合は、開幕連勝の好スタートを切ったHonda Revertaと太陽誘電ソルフィーユが激突。少し気は早いが現時点での「全勝対決」「首位攻防戦」の好カードとなった。
 
 ソルフィーユは先発・山口美紀、左腕・尾崎望良とつなぐ投手リレーで走者を出しながらもReverta打線に決定打を許さず、一方、Revertaは「エース」ジェイリン・フォードが5回二死まで一人の走者も許さぬ「パーフェクトピッチング」。両チーム無得点のまま、迎えた6回裏、Revertaは一死から3番・森山遥菜が左腕・尾崎望良が投じたツーボール・ワンストライクからの4球目をとらえ、レフトスタンドへ運ぶ豪快な一発。チームを引っ張る「キャプテン」の値千金の先制弾でRevertaが先手を取った。

(※6回裏、Revertaは「キャプテン」森山遥菜が先制のソロホームラン!)

 この一発で勝負あったかと思われたが……「ドラマ」は最終回に待っていた。1点を追うソルフィーユは7回表、この回先頭の4番・中溝優生がレフト前ヒットを放ち、出塁。二死後、代打・佐藤みなみが追い込まれながらセンター前にはじき返し、一・二塁。8番・松瀬清夏が絶妙なセーフティーバントを決め、満塁とし、代打・佐竹紫乃がライト線へ走者一掃のタイムリーツーベース。「新・4番」「ベテラン」「ルーキー」「控え」が一丸となり、一挙3点を挙げ、土壇場で試合をひっくり返した。

(※ソルフィーユは7回表、二死満塁から代打・佐竹紫乃が逆転の適時二塁打を放つ!)

 その裏、ソルフィーユは「驚異の二刀流」藤田倭を投入。この日もMAX111km/hを記録する「気合の投球」でReverta最後の攻撃を三者凡退に抑え、3-1で逃げ切り。「全勝対決」にふさわしい「熱戦」を制し、無傷の開幕3連勝を飾った。

1312
2019
4
21
04
21
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc