1部リーグ 第1節 20190420日()戸田中央総合病院 VS シオノギ製薬

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【戸田中央】中村美樹
敗戦投手【シオノギ】池田美樹
打撃成績 【シオノギ】《二》古藤優実
【戸田中央】《二》小沢佳那子
バッテリー
シオノギ●池田美樹、吉井朝香-竹林綾香
戸田中央○中村美樹、ジョーダン・テーラー-坂本結愛

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第1節・大阪大会、第1日第2試合は、開幕戦はともに黒星。早く「今シーズン初勝利」のほしい戸田中央総合病院 メディックスと、シオノギ製薬 ポポンギャルズが対戦した。
 
 後攻のメディックスは初回、ポポンギャルズ・先発の池田美樹の立ち上がりをとらえ、1番・サム・フィッシャーがワンボール・ツーストライクと追い込まれながらも、上手く合せてセンター前ヒットで出塁。次打者が手堅く送り、二死後、4番・小沢佳那子の右中間を破る二塁打で二塁走者を迎え入れ、幸先良く1点を先制した。

 メディックスは1点リードで迎えた5回裏にも、死球、失策、安打で無死満塁とし、2番・上原依万里の右犠飛、3番・坂本結愛のセカンド後方にポトリと落ちる幸運なタイムリーでこの回2点を追加。勝利を決定づけた。

(※メディックスは5回裏、上原依万里の犠飛、坂本結愛のタイムリーで決定的な2点を追加)
 
 守っては、先発・中村美樹、「エース」ジョーダン・テーラーとつなぐ投手リレーでポポンギャルズ打線をわずか3安打に抑え、3-0の完封勝利。嬉しい「今シーズン初勝利」を挙げた。
 
 一方、ポポンギャルズは最終回、一死から3番・古藤優実がレフト線ギリギリを破る痛烈な二塁打を放ち、この試合初めて得点圏に走者を進めたが、後続が空振り三振、ショートファウルフライに倒れ、万事休す。痛い開幕連敗を喫した。

(※ポポンギャルズは最終回、古藤優実が二塁打を放ったが……)

1309
2019
4
20
04
20
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc