1部リーグ 第1節 20190420日()豊田自動織機 VS Honda

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【ホンダ】ジェイリン・フォード
敗戦投手【豊田織機】ダラス・エスコベド
打撃成績 【ホンダ】《本》森山遥菜《三》胡子路代
【豊田織機】《二》永溝早紀
バッテリー
ホンダ常盤紫文、○ジェイリン・フォード-大塚友紀、田井静華
豊田織機●ダラス・エスコベド、秋元菜穂-永溝早紀

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第52回日本女子ソフトボールリーグ」1部第1節・千葉大会、第1日第1試合は、開幕初戦で太陽誘電 ソルフィーユに0-1の完封負けを喫し、黒星スタートとなった豊田自動織機 シャイニングベガと、日立 サンディーバを3-2で振り切り、開幕戦に勝利し、意気上がるHonda Revertaが対戦した。
 
 シャイニングベガは2回裏、Reverta・先発の常盤紫文をとらえ、この回先頭の4番・洲鎌夏子がセンター前ヒットで出塁。一死後、6番・田井亜加音がライト前に落とすポテンヒット。一・二塁とチャンスを広げ、二死後、8番・永溝早紀がフェンス直撃のタイムリーツーベースを放ち、先取点を挙げた。

(※シャイニングベガは2回裏、永溝早紀のタイムリーツーベースで先取点!)
 
 一方、シャイニングベガの先発・ダラス・エスコベドに5回までわずか1安打に抑えられていたRevertaは、ようやく6回表、四球の走者を一塁に置き、4番・胡子路代がライトオーバーの三塁打。一塁走者が一気に還り、1-1の同点に追いついた。
 
 これで息を吹き返したRevertaは延長タイブレーカーに入った8回表、タイブレーカーの走者を二塁に置き、3番・森山遥菜がツーボール・ツーストライクからの6球目をとらえ、レフトスタンドへ運ぶ決勝のツーランホームラン。チームを引っ張る「キャプテン」の一発で勝負を決めた。

(※延長8回表、Revertaは「キャプテン」森山遥菜の一発で2点を勝ち越し!)
 
 その裏、4回から先発・常盤紫文をリリーフし、無失点に抑えてきた「エース」ジェイリン・フォードがシャイニングベガ打線の前に仁王立ち。四球の走者を出し、一死一・二塁の「長打が出れば同点」「ホームランが出れば逆転」の場面を演出してしまったが、後続を空振り三振、ショートゴロに打ち取り、ゲームセット。3-1で逃げ切り、Revertaが開幕連勝。敗れたシャイニングベガが開幕連敗という「明暗」がハッキリ分かれる結果となった。


1306
2019
4
20
04
20
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc