1部リーグ 決勝トーナメント 20181118日()トヨタ自動車 VS ビックカメラ高崎

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】モニカ・アボット
敗戦投手【BIC】上野由岐子
打撃成績 【BIC】《二》内藤実穂
【トヨタ】 
バッテリー
BIC●上野由岐子-我妻悠香
トヨタ○モニカ・アボット-峰幸代

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子ソフトボールリーグ」1部決勝トーナメント・第1日第2試合は、20勝2敗のリーグ戦1位で決勝トーナメントに駒を進めてきた「宿敵」トヨタ自動車 レッドテリアーズを糟谷舞乃の「一発」と「世界のエース」上野由岐子のノーヒット・ノーランを達成する「快投」で破り、一足先に決勝戦進出を決めたビックカメラ高崎 BEE QUEENと、そのビックカメラ高崎 BEE QUEENに敗れたものの、敗者復活戦に回り、3位決定戦で太陽誘電 ソルフィーユを1-0で破り、決勝戦に勝ち上がってきたトヨタ自動車 レッドテリアーズが「日本一」の座をかけ、激突した。
 
 試合は、レッドテリアーズのモニカ・アボット、BEE QUEENの上野由岐子、世界を代表する好投手同士の投げ合いとなり、息詰まる投手戦を展開。前日(11月17日/土)の対戦では「屈辱」のノーヒット・ノーラン達成を許したレッドテリアーズが「世界のエース」上野由岐子を果敢に攻め、初回、1番・塚本智名がセカンド内野安打を放ち、まず「ノーヒット」の呪縛を解くと、2回裏には5番・渥美万奈の死球と7番・坂元令奈のライト前ヒットで二死一・三塁と攻め立てたが、後続が空振り三振に斬って取られ、無得点。その後も3回裏の無死二塁、4回裏の一死二塁、5回裏の二死二塁と毎回のように得点圏に走者を進めるものの、「百戦錬磨」の上野由岐子に要所を締められ、どうしても得点を挙げることができない。

 一方、4回までレッドテリアーズの「絶対的エース」モニカ・アボットの前にわずか1安打と打線が沈黙していたBEE QUEENは5回表、6番・内藤実穂が右中間フェンスをワンバウンドで越えるエンタイトルツーベースを放ち、無死二塁の絶好機を作ったものの、後続が三者連続三振に打ち取られ、チャンスを活かせず。7回表にも、四球の走者を一塁に置き、7番・我妻悠香がライト頭上を襲う大きな当たりを放ったが、ライト・長崎望未のファインプレーに阻まれ、こちらも得点を挙げることができず、試合は延長タイブレーカーへともつれ込んだ。

(※7回表、BEE QUEENは「キャプテン」我妻悠香が勝負を決める一打を放ったかに見えたが……)

 延長8回表、BEE QUEENは8番・中西舞衣が送りバントを試み、代走に起用されていた川井菜月が三塁を狙ったがタッチアウト。一死一塁と局面が変わり、9番・藤本麗のピッチャー前へのバントで二死ながら走者を二塁へ進め、1番・森さやかへの4球目がワイルドピッチとなり、走者は三塁へ進塁。結局、森さやかは四球で歩き、一・三塁となった後、2番・糟谷舞乃がライト前へ落ちるか……という当たりを放ったが、ライト・長崎望未がダッシュ良くこれを好捕。またしてもチームの窮地を救う好プレーを見せた。

 レッドテリアーズはその裏、2番・鈴木鮎美が送りバント失敗で追い込まれた後、ヒッティングに切り替えると、当たり損ねの打球がピッチャー前の小フライとなり、フィールディングも「一流」の上野由岐子が、珍しく一瞬ノーバウンドで捕球できるかどうか迷い、ワンバウンドで処理したものの、どこにも投げられずオールセーフ(記録はフィルダースチョイス)。無死一・三塁のピンチを招き、打席にこの試合、守備でチームを救ってきた3番・長崎望未を迎えた。初球に一塁走者が盗塁し、二・三塁となった後、長崎望未はワンボール・ツーストライクと追い込まれながらもレフトへ強烈なライナーを放ち、一瞬「サヨナラ安打か!?」と思われたが、当たりはレフト真っ正面。この打球が捕球されるのを確認し、三塁走者・塚本智名がタッチアップから思い切り良く本塁突入すると、レフト・中西舞衣の懸命のバックホームも及ばず、塚本智名がサヨナラのホームイン。手に汗握る熱戦に終止符を打ち、劇的なサヨナラで2年ぶり10回目の優勝を飾った。

(※延長8回裏、レッドテリアーズは劇的なサヨナラで2年ぶりの王座奪還!)

1177
2018
11
18
11
18
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc