1部リーグ 第9節 20181014日()豊田自動織機 VS 伊予銀行

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】海部 栞菜
敗戦投手【伊予銀行】山口 清楓
打撃成績 【伊予銀行】 
【豊田織機】《本》佐藤 光紗
バッテリー
伊予銀行●山口 清楓、庄司 奈々-二宮 はな
豊田織機○海部 栞菜-永溝 早紀

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節岡山大会・第2日第2試合は、前日の太陽誘電 ソルフィーユ戦に2-0で完封勝利を収め、通算成績12勝7敗の3位につける豊田自動織機 シャイニングベガと、前日のHonda Reverta戦に0-5と完封負けを喫し、通算成績4勝15敗で大垣 ミナモ同様11位に苦しむ伊予銀行 VERTZが対戦。
 
 シャイニングベガ・海部栞菜、VERTZ・山口清楓の両投手の先発でスタートした試合は、後攻のシャイニングベガが初回に先制攻撃。二死から3番・佐藤光紗のライトへの「会心の当たり」のソロホームランで幸先良く1点を先制すると、1点リードしたまま迎えた4回裏には、四球、犠打で一死二塁と得点圏に走者を置き、二死後、7番・横野涼が左中間へ痛烈な当たりのタイムリー! 「キャプテンの一打」で二塁走者を迎え入れ、貴重な2点目を追加した。

(※後攻のシャイニングベガは初回、二死から3番・佐藤光紗が鋭くバットを振り抜き、先制のソロホームランを放つ)
 
 守っては、先発・海部栞菜が毎回のように走者を背負いながらも「粘りのピッチング」で決定打を許さず、完封。2-0で勝利を飾り、通算成績を13勝7敗とし、「決勝トーナメント進出(リーグ戦4位以内)」を確定させた。
 
 一方、VERTZは初回から再三走者を出塁させ、塁上を賑わせたが、この試合も肝心の得点にはつながらず……。勝機を見い出せぬまま、2試合連続の完封負けを喫し、通算成績4勝16敗とまた一つ黒星が増えてしまった。

1156
2018
10
14
10
14
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc