1部リーグ 第9節 20181014日()日立 VS シオノギ製薬

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【日立】泉 花穂
敗戦投手【シオノギ】重藤恵理佳
打撃成績 【シオノギ】 
【日立】《本》清原 奈侑②《二》山田 恵里
バッテリー
シオノギ●重藤恵理佳、千葉 咲実-竹林 綾香
日立小薗 美希、岡村 奈々、○泉 花穂-鈴木 理恵、清原 奈侑

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節豊岡大会・第2日第2試合は、前日、トヨタ自動車 レッドテリアーズとの「壮絶な打撃戦」に10-11で競り負け、通算成績7勝12敗となった9位・日立 サンディーバと、前日の戸田中央総合病院 Medics戦に3—2で競り勝ち、通算成績を9勝10敗とした6位・シオノギ製薬 ポポンギャルズが対戦。
 
 先手を取ったのは後攻のサンディーバ。初回、ポポンギャルズの先発・重藤恵理佳を攻め、一死二塁から3番・山田恵里のレフトオーバーのタイムリーツーベースでまず1点を先制すると、二死後、5番・清原奈侑が左中間へツーランホームランを叩き込み、この回一挙3得点。直後の2回表に3点を失い、すぐに試合を振り出しに戻されたが、3回裏には一死一塁から5番・清原奈侑がレフトへ「2打席連続」のツーランホームラン! いまひとつ調子が上がらず、ピリッとしない投手陣を「女房役」が「打撃」で強力に援護し、勝ち越しに成功した。

(※サンディーバの5番・清原奈侑が「2打席連続ホームラン」を放ち、リードを奪う)
 
 守っては、先発・小薗美希が初回に3点のリードをもらいながら、すぐに追いつかれる等「安定感を欠く」投球内容となったが、2番手・岡村奈々、3番手・泉花穂が粘り強いピッチングを展開。3回以降ポポンギャルズ打線に追加点を許すことなく、5-3で逃げ切り、通算成績を8勝12敗とした。
 
 一方、敗れたポポンギャルズはこれで通算成績9勝11敗。初回にいきなり3点を先制されてもすぐに反撃に転じる等、果敢に食らいついたが……結局のところは「頼みの投手陣」が踏ん張れず、敗戦。上位が遠のく痛い黒星を喫することになった。

(※ポポンギャルズは先制を許した後、すぐに同点に追いついたのだが……)

1154
2018
10
14
10
14
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc