1部リーグ 第9節 20181014日()ビックカメラ高崎 VS SGホールディングス

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【BIC】中野 花菜
敗戦投手【SGH】加藤あずさ
打撃成績 【SGH】 
【BIC】《本》降矢 香《二》中西 舞衣
バッテリー
SGHカーヤ・パーナビー、●加藤あずさ、樋口麻知子-山科真里奈
BIC○中野 花菜-降矢 香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節太田大会・第2日第2試合は、通算成績17勝2敗でトヨタ自動車 レッドテリアーズと首位を並走しているビックカメラ高崎 BEE QUEENと、ここまで通算成績10勝9敗の同率4位に位置し、「初の決勝トーナメント進出」に向け、何とか勝ち星を積み上げたいSGホールディングス ギャラクシースターズが対戦した。

 試合は両チーム無得点で迎えた4回裏、BEE QUEENがギャラクシースターズの2番手・加藤あずさを攻め、一死から2番・糟谷舞乃、3番・市口侑果の連打で一・二塁のチャンスをつかむと、二死後、5番・中西舞衣が右中間を破るタイムリーツーベース! 二者を生還させ、試合の均衡を破った。

(※BEE QUEENは4回裏、一死一・二塁から5番・中西舞衣のタイムリーツーベースで2点を先制)

 BEE QUEENは続く5回裏にも、この回先頭の7番・降矢香がレフトの頭上を大きく越えるソロホームランを放ち、1点を追加。好投する先発・中野花菜を「助ける」大きな追加点を挙げ、3-0とリードを広げた。

 投げては、先発・中野花菜が四死球の走者を出しながらも、ギャラクシースターズ打線を無安打・無得点に抑え込み、日本リーグ7年目にして「自身初」となる「ノーヒット・ノーラン」を達成(投球数:105、奪三振:8、内野ゴロ:5、内野フライ:1、外野フライ:7、四球:3、死球:1)。今シーズンの自身初勝利に花を添えるとともに、チームも今節連勝で通算成績18勝2敗、「連覇」に向けて大きく弾みをつける1勝を手にした。

(※BEE QUEEN・中野花菜が自身初のノーヒット・ノーランを達成!)

 一方、敗れたギャラクシースターズは今節1勝1敗に終わって通算成績10勝10敗。デンソー ブライトペガサスと同率5位に並び、勝率5割に逆戻り。「初の決勝トーナメント進出」に向けて……最終節は「絶対に負けられない」戦いとなる。

1152
2018
10
14
10
14
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc