1部リーグ 第9節 20181013日()トヨタ自動車 VS 日立

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【トヨタ】三輪さくら
敗戦投手【日立】岡村奈々
打撃成績 【日立】《本》松畑美希、木村千春《二》林佑季
【トヨタ】《三》長崎望未《二》古澤春菜、長崎望未
バッテリー
日立岡村奈々、泉礼花、泉花穂、●岡村奈々-清原奈侑
トヨタ三輪さくら、田内愛絵里、○三輪さくら-馬場今日子

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節豊岡大会・第1日第2試合は、前節終了時点で通算成績16勝2敗、ビックカメラ高崎 BEE QUEENと同率首位に並び、すでに決勝トーナメント進出、リーグ戦2位以上を確定させているトヨタ自動車 レッドテリアーズと、ここまで通算成績7勝11敗の9位に位置している日立 サンディーバが対戦。

 先手を取ったのはサンディーバ。2回表、レッドテリアーズの先発・三輪さくらを攻め、一死二塁から7番・松畑美希、8番・木村千春の連続ホームラン(ツーラン、ソロ)で3点を先制。このまま有利に試合を運ぶかと思われた。

 しかし……この後「頼みの投手陣」が3回裏に6失点、5回裏に3失点とレッドテリアーズ打線につかまってしまい、逆転、そしてリードを広げられてしまう展開に。

 それでもあきらめないサンディーバ打線は迎えた7回表、レッドテリアーズの2番手・田内愛絵里を攻め、9番・林佑季の右中間を破るツーベースを口火に打者10人の猛攻で一挙7得点! まさに「ミラクル」な逆転劇で、この流れのまま今度こそ勝利を手中に収めるかに見えた。

(※6点リードされていたサンディーバが7回表に7点を奪取、一気に逆転に成功!)

 だが……決してあきらめないのはレッドテリアーズも同じ。9-10と1点リードされて迎えた土壇場の7回裏、一死から代打・峰幸代がセンター前ヒットで出塁すると、1番・塚本智名のサードゴロの間に二塁へ進塁。最後はここから2番・鈴木鮎美、3番・長崎望未の連続タイムリーで2点をもぎ取り、大激戦に終止符!! 最終的にレッドテリアーズが11-10と「壮絶な打撃戦」を制し、通算成績を17勝2敗とした。

(※土壇場の7回裏、レッドテリアーズが「執念」で2点をもぎ取り、逆転サヨナラ勝ち!!)

 大激戦に敗れたサンディーバはこれで通算成績7勝12敗。この試合、6回表に「打の現役進化系レジェンド」3番・山田恵里が「日本リーグ通算400本目」となる安打を放ち、「大偉業」を達成するという歴史的な場面も生まれたが、その記念すべき一戦を勝利で飾ることはできなかった。

1148
2018
10
13
10
13
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc