1部リーグ 第9節 20181013日()シオノギ製薬 VS 戸田中央総合病院

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【シオノギ】池田美樹
敗戦投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
打撃成績 【戸田中央】《本》水戸久瑠実《二》田中江理奈
【シオノギ】《三》谷本奈々
バッテリー
戸田中央●ジョーダン・テーラー-坂本結愛
シオノギ○池田美樹、千葉咲実-竹林綾香

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子ソフトボールリーグ」1部第9節豊岡大会・第1日第1試合は、前節終了時点で通算成績8勝10敗の8位につけるシオノギ製薬 ポポンギャルズと、ここまで通算成績9勝9敗、SGホールディングス ギャラクシースターズ、デンソー ブライトペガサスと同率5位に並び、「決勝トーナメント進出」へ熾烈な順位争いを繰り広げている戸田中央総合病院 Medicsが対戦。
 
 後攻のポポンギャルズは初回、Medicsの先発・ジョーダン・テーラーを攻め、二死一・二塁から5番・古藤優実のセンター前タイムリーで1点を先制。先手を取ったポポンギャルズは、続く2回裏にも二死一塁から1番・谷本奈々のレフト線へのタイムリースリーベース、2番・亀井愛梨のピッチャー強襲のタイムリーで2点を追加し、優位に試合を進めた。

(※ポポンギャルズは2回裏、1番・谷本奈々、2番・亀井愛梨の連続タイムリーで着実に追加点を挙げる)
 
 守っては、先発・池田美樹が3回表、4回表と続けて失点し、1点差に詰め寄られたものの、5回表から2番手として登板した千葉咲実が3イニングを1安打・無失点に抑える好リリーフ! 序盤のリードを最後まで守り、3-2で逃げ切り、接戦をモノにした。
 
  一方、「2003年以来」の「決勝トーナメント進出」をめざすMedicsは満を持して「エース」ジョーダン・テーラーを先発させ、必勝を期しながら、痛い黒星……。4強入りへの道が閉ざされたわけではまだないが、通算成績9勝10敗となり、ここにきて負けが先行する状況になってしまった。

(※Medicsは「エース」ジョーダン・テーラーを先発させ、必勝を期したが……初回に早々と失点してしまう等リズムをつかむことができなかった)


1147
2018
10
13
10
13
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc