1部リーグ 第8節 20181006日()戸田中央総合病院 VS 豊田自動織機

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【豊田織機】海部栞菜
敗戦投手【戸田中央】ジョーダン・テーラー
打撃成績 【豊田織機】《本》カースティ・メリット、田口美佳《二》洲鎌夏子、ケイラニ・リケッツ
【戸田中央】《本》坂本結愛
バッテリー
豊田織機〇海部栞菜-永溝早紀
戸田中央●ジョーダン・テーラー、五味彩華-坂本結愛

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子ソフトボールリーグ」1部第8節横浜大会・第1日第2試合は、今節初戦のHonda Reverta戦を0-2で落とし、通算成績9勝7敗となり、「踏ん張りどころ」のダブルヘッダーを迎えた戸田中央総合病院 Medicsと、前節終了時点で8勝7敗の同率4位につけ、この試合に勝てば「同率3位」に浮上する豊田自動織機 シャイニングベガが対戦した。

 シャイニングベガは2回表、一死から8番・カースティ・メリットがレフトへソロホームラン! 初回から制球に苦しんでいたMedicsの「エース」ジョーダン・テーラーの甘い球を見逃さず、「貴重な一発」を放ち、先取点を挙げた。

 1点を追うMedicsは3回裏、一死から1番・坂本結愛がシャイニングベガの先発・海部栞菜をとらえ、センターへ特大のソロホームランを放ち、1-1の同点に追いついた。

 その後は両チーム得点なく、1-1の同点のまま、迎えた終盤6回表、シャイニングベガはこの回先頭の4番・洲鎌夏子が左中間を破るツーベースを放ち、出塁。5番・中森菜摘のセンター前へのポテンヒットで無死一・三塁とすると、一塁走者・中森菜摘がすかさず盗塁。二・三塁とチャンスを広げ、6番・ケイラニ・リケッツがレフト前にしぶとく落とすタイムリー。2点を勝ち越し、さらにワイルドピッチ、代打・田口美佳のセンターへのソロホームランで2点を加え、この回一挙4点を追加。5-1とリードを広げ、勝利を決定づけた。

(※シャイニングベガは6回表、大量4点を奪い、勝負を決めた)

 投げては、シャイニングベガの先発・海部栞菜が、Medics打線を散発4安打に抑え込み、1失点の完投勝利。3回以降は追加点を許さず、最後まで投げ切り、今シーズン4勝目。チームも通算成績9勝7敗と星を伸ばし、同率3位に浮上した。

 敗れたMedicsは頼みの「エース」ジョーダン・テーラーが終盤打ち込まれ、完敗。この日のダブルヘッダーに連敗し、「勝負どころ」で手痛い5連敗。前半戦の好調、全日本総合女子選手権大会での準優勝の「快進撃」の面影はなく、通算成績9勝8敗と完全に「足踏み」状態。前半戦終了時点で、8勝3敗の単独3位につけたときには、「決勝トーナメント進出はほぼ確実」「4強入り当確」の声も聞こえてきていたのだが、「まさか……」の5連敗で「大混戦」の上位争いの渦の中に巻き込まれ、その争いはさらに混沌とし、激化しそうな気配だ。

1128
2018
10
6
10
06
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc