1部リーグ 第7節 20180923日()戸田中央総合病院 VS SGホールディングス

RESULTREPORT
責任投手 / 打撃成績
勝利投手【SGH】加藤あずさ
敗戦投手【戸田中央】五味彩華
打撃成績 【SGH】 
【戸田中央】 
バッテリー
SGHカーヤ・パーナビー、○加藤あずさ-山科真里奈
戸田中央●五味彩華、ジョーダン・テーラー-坂本結愛

《本》:本塁打 《三》:三塁打 《二》:二塁打

 「第51回日本女子ソフトボールリーグ1部」第7節岩手大会・第2日第2試合は、通算成績9勝5敗の単独3位、決勝トーナメント進出圏内にはあるものの、前日のデンソー ブライトペガサス戦を「エース」ジョーダン・テーラーを投入しながら敗れ、お尻に火がつきつつある戸田中央総合病院 Medicsと、ここまで7勝7敗の同率5位、この試合に勝って「決勝トーナメント進出圏内」浮上を狙うSGホールディングス ギャラクシースターズが対戦した。
 
 ギャラクシースターズは2回表、Medics・先発の五味彩華を攻め、一死から5番・中村光里がピッチャー強襲安打で出塁。続く6番・柳瀬友紀が巧みにバットを合わせ、右中間に落とす安打を放つと、この打球の処理をセンター・上原依万里がもたつく間に、一塁走者・中村光里が判断良く一気に本塁を陥れ、待望の先取点。積極的で思い切りの良い走塁が先取点を呼び込んだ。

(※ギャラクシースターズは2回表、中村光里、柳瀬友紀の連打と積極果敢な走塁で先取点を奪い取った)
 
 先取点を挙げたギャラクシースターズは、初回、2回裏と「エース」カーヤ・パーナビーが無失点に抑えると、3回裏から加藤あずさを投入。Medicsはその加藤あずさを攻め、4回裏、一死から3番・小沢佳那子のセンター前ヒット、4番・本間紀帆の四球で一・二塁としたが、後続が見逃し三振、レフトファウルフライに倒れ、無得点。続く5回裏にも、一死から8番・田中江理奈がセカンド内野安打で出塁し、送りバント、ワイルドピッチで三塁まで進塁し、1番・サム・フィッシャーのバットに期待がかかったが、サードファウルフライで無得点。チャンスは作るものの、得点を挙げることができず、6回裏、7回裏は三者凡退。1点が遠く、最後まで得点を挙げることができないまま、完封負けを喫し、今節「まさか……」の連敗。前半戦を8勝3敗の単独3位で折り返し、後半戦再開となる第6節の初戦も勝利し、決勝トーナメント進出はほぼ「当確」では……と思われたが、これで3試合連続の完封負け。通算成績9勝6敗と星を伸ばせず、単独3位は変わらないものの、それを追う「4位グループ」(8勝7敗で並ぶ豊田自動織機 シャイニングベガ、SGホールディングス ギャラクシースターズ、デンソー ブライトペガサスの3チーム)に星一つの差に迫られてしまった。
 
 勝ったギャラクシースターズは今節連勝で通算成績8勝7敗と星を伸ばした。前節(第6節)での連敗で上位争いから脱落しかねない「危機的状況」に追い込まれながら、今節はしぶとく「連勝」し、同率ながら「決勝トーナメント進出圏内」の4位に浮上。昨シーズン、最後の最後で決勝トーナメント進出を逃した「苦い経験」を糧とし、「勝利への執念」を感じさせる戦いで上位争いに踏み止まり、「一味違う」成長した姿を見せてくれた。

1122
2018
9
23
09
23
SCORE BOARD
日(

    OFFICIAL PARTNERS / SUPPLIERS

    mizuno     セレスポ
    prtimes     ファミスタ

    RELATED ORGANIZATION

    本事業は競技強化支援事業助成金を受けて実施しております。
    pc